お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

彼ママのハートをがっちり掴む! 彼ママが「息子の彼女に言われるとうれしいこと」12

ファナティック

彼の実家に行ったとき、彼ママとどんな話をしたらいいのかわからないことってありますよね。緊張しすぎて無口になってしまう人も多いのではないでしょうか。そこで今回は「息子の彼女に言われたらうれしいこと」について、彼ママ世代の女性の皆さんに聞いてみました!

■とにかく彼を褒める!

・「息子を褒めてくれたらうれしいですね。やはり母親なので」(47歳/その他/その他)

・「いい息子さんですね、とか息子のいいところを認めてくれるとうれしいです」(42歳/その他/事務系専門職)

・「息子のいいところ、親の前では見せないときのいい話」(44歳/その他/その他)

とても多かったのが「息子のことを褒められるとうれしい」という回答でした。彼ママの前で彼をけなすようなことを言う人はいないと思いますが、彼ママが知らない「彼のいいところ」話があるとよさそうですね。

■彼の性格&幼少期のエピソードを聞く!

・「息子の性格について。褒めるにせよ、弱い部分にせよ、よく見ていることが分かると、それはうれしい」(47歳/生保・損保/その他)

・「息子の性格。こんなところがいい、と具体的に褒めて認めてもらえるとうれしいです」(42歳/その他/その他)

・「息子の幼少期のエピソードなど、聞かれるとうれしい」(45歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

息子の性格は彼ママが一番良くわかっているものですが、彼女の視点から見た「息子の性格」を知りたいと思う彼ママも多いようです。幼少期のエピソードを聞くのは、彼ママとの会話も弾むので鉄板のネタと言えそうですね。

■彼ママに会えてうれしい!

・「『お会いできてうれしいです、ずっとお会いしたかったんです』のように会えるのを楽しみにしていたというような言葉」(40歳/医療・福祉/専門職)

・「『会えてうれしかった』と言われるとうれしい」(43歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『お会いできてうれしいです』とか。会うことを楽しみにしてくれていたことがわかるとこちらもうれしい」(61歳/その他/その他)

他には「お会いできてうれしいです」など、彼ママに会いたかった、会えてうれしいという気持ちを素直に言葉にするのも効果的なようです。「○○くんから聞いていた通り、素敵なお母さまでうれしいです!」なんて言えたら、さらに好感度もアップしそうです。

■彼ママを褒めまくる!

・「『さすが○○君のお母さんですね』と言われたいです」(44歳/その他/その他)

・「料理をおいしいと言ってくれる」(48歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「私の身に着けているものや食べているものなど、私が選択したものをほめてくれ、『どこで買ったのですか?』と興味を示してくれる」(45歳/その他/その他)

息子を褒められるのもうれしいけど、やっぱり彼ママも自分のことを褒められたらうれしいもの。「さすが○○くんのお母さんですね!」や「このお料理、おいしいです!」に加えて、彼ママのセンスを褒めるのも大事なポイントです。

「息子の彼女に言われてうれしいこと」では、やっぱり「息子を褒めてほしい」という回答がとても多くありました。彼ママにとって、彼は「自慢の息子」。どんなに彼に不満があっても、彼ママの前で彼への不満を言うのは絶対にNG。彼と彼ママを嫌みにならない程度に褒めまくって、印象アップを狙いましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※クリエイティブサーベイ(https://creativesurvey.com/)調べ、有効回答数304件(39歳~65歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]