お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

「この男モテないな……」 女子が思わず非モテ認定しちゃうポイント4つ

ファナティック

どんなに見た目がよくても、なんとなくモテない雰囲気を漂わせている男性がいます。女性に「こいつはモテないだろう」と思わせる男性の言動はどのようなものなのでしょう。みんな男性のどこでジャッジしているのか……。社会人の女性に聞いてみました。

■非モテポイント1 ネガティブ思考

・「仕事がうまくいかないことなどを、なぜか学生時代の話まで振り返って『あのときこうだったのは○○のせいだ』と言ったり、何もかも人のせいにして文句と悪口ばかり言う」(30歳/その他/その他)

・「『でも……』など否定から入る」(31歳/その他/クリエイティブ職)

原因を自分に求めず他人に求める人は、まわりから「責任感がない」と思われてしまいます。自分自身に何らかの問題があったからこそ今の現状があることを理解しましょう。

■非モテポイント2:金遣いに問題あり

・「平気で人からお金を借りる人。仕事中にお金を貸してほしいと言われ、カードを使ったら?と言うと、奥さんから持たせてもらえないというので、『奥さんからも信頼されないような人にお金を貸したくありません』と言ってあげました」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「試食するところがあって、これでお腹いっぱいにしようと言われたとき」(30歳/その他/その他)

浪費癖もケチ症もモテない要因になります。お金はメリハリをつけて賢く使うもの。使わなければお金としての価値は発揮できないし、使いすぎてもただの無駄遣いに終わってしまうことも。女性に対してもお金の使い方がうまい男性が理想ですね。

■非モテポイント3:俺様大好き

・「何事も自己満なナルシスト男」(25歳/その他/販売職・サービス系)

・「自分がかっこいい、間違っていない生き方をしていると豪語」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分は昔悪かったとか、すごかったとか、過去の栄光ばっかり話すやつ」(30歳/電機/事務系専門職)

過去の武勇伝を執拗に話してきたり、何かと「自分はできる」人だということをアピールしたり……。本来、他人が評価するべきことを自分自身で過大評価している男性は女性にとって面倒な存在になってしまいます。そんな男性を見ると女性は「モテなさそー」と思っちゃうみたいです。

■非モテポイント4:女性蔑視

・「女性をバカにした発言を当たり前のようにしている男」(30歳/その他/その他)

・「会話が続かない男。自分のことを棚に上げて、女性について色々文句をつける人」(30歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

何かにつけて「これだから女は」「女のくせに」と、女であることに原因を求める男性は女性蔑視の考え方を持っている可能性があります。聞いているだけで不快になるので、あまり深入りしない方がいいでしょう。

■まとめ

自分としっかり向き合い、いいところも悪いところも受け入れた上で向上心を持って毎日を送っている男性は、イキイキと輝いて見えるものです。逆に常に後ろ向きで過去に執着する男性はこれから先の成長が見込めないと思われてしまうことも……。地に足をつけて今をしっかり生きている男性がモテるのは間違いなさそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年12月にWebアンケート。有効回答数412件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]