お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

インパクト大! 忘れられない男子からの告白「車のワイパーに手紙」「後輩男子から」

ファナティック

カップルみなさんは、人生の中で何度、告白をしたことがありますか? 告白するその日に向けて、繰り返しシュミレーションをしたのに、いざ好きな人を目の前にすると、用意していた言葉がでてこなかった! なんてことも少なくないはず。でも、そのほうが相手に想いが伝わる場合もあります。今回は、女性のみなさんに「印象に残っている男性からの告白」にまつわるエピソードを教えていただきました。胸キュン必至です!

■ストレートな気持ちをぶつけて

・「後輩男子が勇気を振り絞って『いいなぁと思っていました』と言ってくれたことが印象に残っています」(31歳/金融・証券/専門職)

・「小学生の頃、私の友だちのことを好きだった男子が、まわりに冷やかされて、照れながらも『○○さん好きだーーー!』と叫びながら廊下を走り去ったこと。今でも思い出してほっこりする」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「バイバイと別れた数分後に追いかけられ、大声で告白された」(32歳/金融・証券/営業職)

まるで青春ドラマですね。とはいえ、実際に大声で告白されると悪い気はしないでしょう。もし結果がダメでも、印象的な告白は何年たっても相手の心に残ります。そのためにはまわりくどくなく、ストレートな告白をしてみたいものですね。

■ちょっとマイルドな告白

・「新しく開通する高速道路を歩く企画に参加しているときに、見晴らしのいいところで『これからもわからない未来を走ろう』と言われた」(28歳/人材派遣・人材紹介/クリエイティブ職)

・「車のワイパーに手紙がはさんであった」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「メール。振られること前提で、高校のとき告白された」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

遠まわしではありますが、大人の恋愛にはこういうマイルドな感じもいいかも知れませんよね。ラブレターをもらうなんて、やっぱり印象的です。文字にするとあとで読み返せるのも、ずっと記憶にも残りますよね。

■私、どうなっちゃうの~!?

・「付き合うと言うまで帰らせてくれなかった」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「ダーツをしてて、『真ん中に当たったら付き合って!』と言われて真ん中に当てられたこと。ヤバいと思った」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「電話で告白されて断ったが、そのあと5・6回も電話がかかってきた」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

こちらはちょっと困ってしまう告白。男性にしては大チャンスだったのかも知れませんが、こちらの気持ちがはっきりしないうちはハラハラしますね。こういうサプライズ的な告白は、その後の二人がどうなったのか気になります。案外うまくいくかも?

よほどモテる人なら別ですが、人に愛の告白をされることはあまりないですよね。なかでも心がこもっていたり、変わった告白をされるとずっと覚えていたりします。そういう告白の成功率は高いかもしれません。ぜひ、工夫してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数241件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]