お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

デリカシーない男に認定!! 女子が初めてのデートで触れてほしくないトーク4つ!「過去の恋愛」

ファナティック

初めてデートする相手とは、何を話せばよいのか悩んでしまいますよね。相手が会話をリードしてくれれば、相づちを打つだけでも会話が進むので気楽といえば気楽ですが、そこで触れてほしくないトークをされると、デートの楽しさも半減。今回は、女性たちが「初めてのデートでは触れてほしくない」と思っている話題について聞いてみました。

過去の恋バナ

・「過去の男性関係のことなど。デリケートな問題だし、初めてのデートで話す話題ではないから」(28歳/学校・教育関連/専門職)
・「過去の彼氏のこと。そんなことを聞いてどうするのかと思うので」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「過去の恋愛。テンションが下がる。本当のことを言えない」(33歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

付き合っていくうちに元カレの話題や過去の恋愛について自然に話す機会があるにしても、初めてのデートでは避けてほしい。そう思っている女性は多いようです。どう答えればいいのか悩むし、彼との別れ方によっては思い出したくないことだってあるし、考えるだけでテンションが下がっちゃいそうですね。

仕事のこと

・「仕事のこと。話したくないから。愚痴しかない」(33歳/自動車関連/事務系専門職)
・「仕事のこと。初めてのデートは楽しく過ごしたいので、仕事のことは忘れたいから」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「仕事のこと。楽しい話はないので」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

プライベートと仕事はきっちり分けたいと思っている女性にとって、デートで仕事の話を振られるというのもちょっとめんどう。仕事について話し始めたら愚痴しか出てこないならなおさら。仕事のことを思い出してしまった瞬間に、デートに集中できなくなるなんてこともありそうです。

お金の話

・「貯金の話だけはしないでほしい。けっこう貯まっているので、その話をされるとお金目当てのお付き合いになりそうです」(31歳/その他/その他)
・「年収。なんだかこちらの収入を探られているようで嫌なので」(29歳/自動車関連/事務系専門職)
・「給料やお金のこと。最初に話すべきではないから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

結婚まで考える相手ならともかく、最初のデートでいきなり年収や貯金などお金に関する話題を持ち出してくる男性って何か下心があるのかと勘繰ってしまいそう。自分が女性からいきなり年収や貯金などを根掘り葉掘り聞かれたらどんな気分になるのか、考えてみてから話題を選んでほしいですよね。

家族の話

・「家族の詳しい話。そういうことはおいおい話したい。家族の話はマイナスの部分もあるから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)
・「家族について。初デートでそんな踏み込んでほしくない」(23歳/小売店/事務系専門職)
・「家族のこと、実家のこと。そこまでプライベートなことを話せるほどの信頼がまだないから」(24歳/食品・飲料/専門職)

家族の話って自分自身のことと同じくらいプライベートなものと考えている人は少なくないようです。相手の男性が信頼できるかどうかわかるまでは軽々しく話せるようなものではないので踏み込まないでほしい、マイナスに受け取られる部分もあるので順序立ててゆっくり話したいということのようですね。

まとめ

初めてのデートを楽しみたいからこそ「これだけは避けてほしい」と思う話題。男性としても何を話せばよいか困ってしまうと、つい自分にとって身近な話題を選んでしまうのかもしれませんが、それが地雷ということは少なくないのかも。こういうときに当たり障りなく楽しめる気の利いた会話ができる男性って、それだけで好感度もアップ。プライバシーに踏み込むようなトークではなく、話題になっている映画やテレビ、趣味などに関する話題だと気楽に話すことができそうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数249件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE