お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

こんな女友だちがほしい! 男子が求める「●●フレ」3選

ファナティック

おんぶ男性と女性との間には、恋愛や友だちのほかにもいろいろな関係があるもの。最近では「キスフレ」や「ソフレ」なんて、言葉を耳にすることもありますが、ぶっちゃけ男性たちはどんな「●●フレ」がほしいと思っているのでしょうか? 本音をズバリ聞いてみました!

キスフレ&ハグフレ

・「キスフレ。キスしたいので」(34歳/商社・卸/営業職)

・「ハグフレ。抱きしめるのが好きだから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

もっと深い関係のフレンドがほしいという男性も多数でしたが、それに続いて多かったのは、「キスフレ」と「ハグフレ」。キスやハグを気兼ねなくできる相手がほしい、ということのようです。キスやハグをしているうちに、いつの間にかどちらかが本気になってしまいそうな気もしますが……。この関係を続けるのは、なかなか難しいのかもしれませんね。

飲みフレ&飯フレ

・「飲みフレ。一緒に楽しく、お酒が飲める女性の友だち」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「鍋フレ。鍋が好きなので、鍋を作ってくれて、一緒に食べるだけの女友だちがほしい」(28歳/情報・IT/技術職)

一緒にお酒を飲んだりご飯を食べたりしてくれる女友だちも、男性にとっては魅力的なようですね。お互いお酒や食べ歩きが好きなもの同士だったら、一緒に出かけるのは楽しそうです。こんな関係はアリかもしれませんね。

趣味フレ

・「ゲームフレンド。一緒にゲームできるフレンド」(28歳/情報・IT/技術職)

・「趣味フレ。一緒に趣味を楽しみたい」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「一緒に旅行してくれる旅フレ」(38歳/通信/技術職)

・「図書フレ。図書館通いが一人でばかりなので、趣味を共有する人を欲しがっています」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「フォトフレ。いっしょに撮影に行ける人」(32歳/食品・飲料/技術職)

実は多くの男性たちが求めている女友達は「趣味フレ」だということも分かりました。共通の趣味を楽しめる相手が男性ばかりでは、やっぱりちょっと寂しいのかも。こんな友だち関係だったら喜んで! という女性も多いかもしれませんね。

男性たちがほしい女友だちには、色恋の要素を含む関係性と、趣味を一緒に楽しみたいという関係性とに分かれるようです。ソフレやハグフレはどちらかに恋人ができたり、どちらかの気持ちに変化が出てきたときには続けるのが難しくなりますが、一方で共通の趣味や楽しみでつながっている友だち関係は、一生続けていけるものかもしれません。男性、女性の区別なく、そんな友だち関係を築けたらいいですね

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数116件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE