お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

なんと7割以上の男性がランチミーティングが〇〇だった!「時間がもったいない」

お昼ご飯を食べながら打ち合わせを行うランチミーティング。ただ会議をするだけよりも時間が短縮されたり、話がまとまりやすくなるといった効果も期待され、最近では積極的に行う会社もあるようです。ところであなたはランチミーティングは好きですか? 社会人男性の本音を調査しました!

Q.ランチミーティングは好きですか?

 「好き」……26.5%
 「嫌い」……73.5%

ランチミーティングが「好き」と答えた人は26.5%と少数派。対して73.5%の人は「嫌い」との回答でした。男性の多くはランチミーティングが好きではないようです。ではその回答を選んだ理由を具体的に見ていきましょう。

<「嫌い」派の意見>

■お昼くらいゆっくりさせて

・「食べる時ぐらい仕事のことを考えたくない」(39歳/情報・IT/技術職)
・「ランチの時ぐらい仕事から解放されたい」(38歳/情報・IT/技術職)
・「ランチくらい自分の好きなように頭をリフレッシュしたいから」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

お昼ぐらい周囲に気を使わず、ゆっくり食べたい! そんな思いからランチミーティングは嫌だ、という回答が多くありました。ランチタイムは仕事の合間の重要なリフレッシュ時間。そんな時間にわざわざ仕事の話をしたくない、というのが本心の模様。仕事の合間のお昼くらいのんびりぼーっとしたい、そんな気持ちのようですね。

■休憩時間だから

・「ランチミーティングをしたら休憩にならない」(37歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)
・「食事の時まで仕事の話をしたくないから」(36歳/情報・IT/技術職)
・「特に上の立場の人相手だと、食事面と二重に気を使うことになってしまう。精神的な面で、休養の時間を逃すことにもなるから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「ランチタイムは大事なプライベートタイムだから」(32歳/食品・飲料/技術職)

ランチタイムは休憩する時間、邪魔されたくない! という人もランチミーティングが嫌いな模様。お昼ご飯を食べながらの会議は休憩にもならないし、ゆっくり過ごす時間がなくなるとの回答でした。お昼にきちんと休憩できなければ、午後の仕事にも支障が出てしまいそう。

<「好き」派の意見>

■リラックスして会議ができる

・「普段話せないことも気軽に言えるから」(26歳/農林・水産/技術職)
・「ランチミーティングは、交渉がしやすいと思うし、リラックスして会議できるから」(28歳/情報・IT/技術職)
・「気軽に意見交換ができていいと思う」(25歳/電力・ガス・石油/技術職)

ランチミーティングを「好き」と回答した人たちの中で一番多かった意見が、気軽に話ができてリラックスして会議ができるというもの。会議室にこもって話し合うより、一緒にお昼を食べながら気楽に打ち合わせをすることで、普段話づらい相手とも会話しやすくなることってありますよね。

■時間の有効活用

・「時間を有意義に使えるので」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「食事しながら会議をすることから円滑化に結び付く」(28歳/医療・福祉/その他)
・「時間がもったいないから」(30歳/医療・福祉/専門職)

忙しいビジネスマンたちからの支持が熱かったのが、時間を有効活用できる、という回答。昼食と会議をいっぺんに済ますことができれば、時間を有意義に使えるとのことです。1分1秒も無駄にしたくないビジネスマンにとってはいい制度なのかもしれません。これぞ働きマン……!

まとめ

サラリーマンの多くは、ランチミーティングは「嫌い」といった結果となりました。やっぱりお昼はきちんと休憩したいと考える人が多いようですね。とはいえ、普段はいけないいいお店でランチをしたり、リラックスして会議を行うことで相手の意外な一面が見える……といった意見もあるように、ランチミーティング、意外と悪いことばかりじゃないのかもしれませんよ。

(エンドウリョウコ)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数105件(22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]