お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男子の本音! 理想のタイプと好きになる女性はちがう?

ファナティック


カップル好きなタイプの男性じゃないのに、好きになってしまった。なんていう経験はありませんか? 理想と現実はちがうと言いますが、実際に好きなタイプとは別の男性と付き合うというケースは多いはず。では、男性のみなさんはどうなのでしょう。聞いてみました。

Q.好きなタイプと、実際に好きになる女性は同じタイプであることが多いですか?

はい……64.4%
いいえ……35.6%

多くの男性が、好きなタイプの女性をそのまま好きになるようです。ですが3割近い男性が、別のタイプの女性を好きになるとも回答。それぞれの意見を詳しく見ていきましょう。

好きなタイプ=好きになる女性です

・「結局、似たようなタイプになる」(39歳/情報・IT/技術職)

・「地味な女性が好きで、好きになるのも同じタイプ」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「好きな女性のタイプは清楚でかわいらしい女性。実際好きになるのも同じタイプ」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

やっぱり自分の好きなタイプをそのまま好きになる、という男性は多いようです。無意識のうちでも、結局は自分の好きなタイプの女性を選んでいる、という意見も見られました。

タイプでなければ、アンテナが…

・「一致させようとするから」(32歳/食品・飲料/技術職)

・「そうじゃないとアンテナが働かないから」(28歳/建設・土木/技術職)

・「そういった女性に自分をアピールするので」(38歳/電機/技術職)

好きなタイプでなければアンテナが働かない。この人は好きなタイプだから……とあえて一致させようとする、という意見もありました。

タイプは外見、実際は内面

・「好きなタイプは見た目で判断するけど、実際に付き合うのは性格を見て」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「好きなタイプは顔が好きなだけだが、実際には性格も大事だから」(33歳/電機/技術職)

・「タイプは外見を言うが、付き合う人は内面を見ている」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

好きなタイプを聞かれたときに、芸能人に例えて見たりと、まずは外見を答える人も多いのではないでしょうか。ですが、実際に好きになる人やまして付き合う人となると、それ以上に内面を重要視するようです。

理想と現実は別

・「理想と現実はちがうから」(36歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「好きなタイプに該当する女性はなかなかいないので、結果的にちがうタイプを好きになるから」(36歳/情報・IT/技術職)

理想はあくまでも理想。好きなタイプそのままの人とはなかなか出会えないものです。そうなると、別のタイプの女性でも好きになることもあるようです。

好きになったら、好きな人

・「好かれたら意識する」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「好きになった人が好き」(24歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

タイプとは関係なく、好きになった人が好き。好意を寄せられると意識してしまう、という意見も。タイプはあくまでもタイプ、ということなのでしょう。

気になるカレは一体どんな女性がタイプなのか、気になりますよね。タイプを知って自分とはちがう、とショックを受けることも。ですが、私はカレのタイプではないから……とあきらめる必要はないかもしれません。カレに好意をアピールしてみては、いかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]