お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

結婚したい女子に教える、自分改造計画!! 男性が両親に紹介しにくい彼女の特徴4つ!

大切な彼との将来を考えるときに、必ず通る道が“両親へのご挨拶”。すんなり紹介してくれればいいですが、なかなか彼が親に会わせてくれない……。そんな悩みを持つ方は要注意! もしかしたらあなたの見た目や言動が「親に紹介できない……」と思われている可能性が! 親に紹介しづらい彼女の特徴について聞いてみました。

見た目が派手!

・「髪の毛を赤や青など激しい色に染めている。茶色とか金髪ならともかく、赤や青だと年配の人間には印象が悪いから」(36歳/情報・IT/技術職)
・「服装が派手。TPOをわきまえないとひんしゅくを買う」(32歳/商社・卸/事務系専門職)
・「身なりが派手な女性。お金がかかっていそうで親受けは良くないから」(29歳/小売店/販売職・サービス系)
・「中身はいい子でも見た目がギャル。最初人は見た目で判断するから」(34歳/情報・IT/技術職)

服装が派手、髪の毛の色が激しい……。どんなにいい子でも見た目が派手なタイプは親に紹介しづらいと思ってしまう模様。自分たち世代にとっては当たり前でも、親世代にはまだまだ受け入れられないこともあります。ギャルファッションが好きな女性はちょっと気をつけたほうがいいかも。

言葉づかいがなってない

・「言葉づかいや礼儀に欠ける。育ちが悪いと思われそう」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「言葉づかいに子どもっぽさを感じさせたり、荒いタイプ。細かなところを突っ込まれそうなのと、信頼が得られない印象を感じるので」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「敬語がきちんと話せない人。目上の人と話していても、だんだんタメ口になっていくような人は両親に紹介しづらい」(28歳/情報・IT/技術職)

目上の人に敬語が使えない、誰とでもタメ口で話す……。そんなタイプの女性も両親には紹介しづらいと思うようです。初対面でいきなりタメ口で話されたりしたら、親にもイヤな気持ちをさせてしまいそうです。人懐っこいのと馴れ馴れしいのはちがうので、その辺りのバランスは大事ですね。

マナーが悪い

・「常識がない人。自分も見る目がないと思われかねない」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「常識がなく、マナーが悪い。人として受け入れにくいと思うから」(31歳/情報・IT/技術職)
・「挨拶、お礼などのマナーがまったくできていない人。一般常識に欠ける人を選んだと思われそうだから」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

挨拶やお礼ができない、マナーの悪いタイプも両親に紹介しづらいと思うようです。常識のない失礼な女性を親に紹介したら、自分も「女を見る目がない」と思われそう、という意見もありました。基本的な一般常識を持った人とお付き合いしたいというのが男性の本心のようですね。

夜の仕事

・「夜の仕事をしている。親の世代にはイメージが良くないと思うから」(33歳/学校・教育関連/専門職)
・「夜の商売をしている。人に言える職業の女性じゃないので」(33歳/機械・精密機器/技術職)
・「水商売で働いている。両親は水商売系の女性は好ましいとは思っていないため」(38歳/電機/技術職)

職業に貴賎なし、とはいえ夜の仕事を否定的に捉える人はまだまだいるのが現実。特に親世代は、水商売で働く女性を好ましく思っていない人も多いです。どんな職業についていようが彼女が好きと思っていても、両親に紹介しづらいという気持ちが出てしまうのは仕方ないのかもしれません。

まとめ

多くの男性は、人としての礼儀やマナーがなっていないタイプは親に紹介しづらいと考えているようです。とはいえ今回あがっていたのは、社会人としてできていて当たり前のことばかり。難しく考えすぎずに、普通に過ごしていれば大丈夫そうですね。

(エンドウリョウコ)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]