お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

「だって結婚したいし……」 30歳を超えたら、彼氏選びの基準を変えたほうがいい? 

20代も半ばを過ぎてくると、「いつまでに結婚したいか」という話題が女子の鉄板ネタに。そのとき、「30歳」という齢をひとつの目安にしている人も多いのでは? 実際に結婚したい気持ちが高まると言われる30歳を超えると、彼氏選びの基準も変わるものでしょうか。変わる派と変わらない派、それぞれの意見を聞きました。

変わる派:これからは顔より経済力

・「彼氏は顔で選んでいた部分があったけれど、これから付き合う人は顔より経済力かも」(32歳/IT)

・「まわりはみんな結婚したので、もうここまでくるとイイ男じゃないと格好がつかない……」(34歳/医療)

・「若いころは、『もっといい人がいるかも』と思ってしまい、理想が高すぎた。30歳を超えてからは身の丈を知ってハードルを落とした(笑)」(31歳/観光)

・「20代までの自由な恋愛とはちがい、結婚までの障壁がなさそうな人を選ぼうとしてしまう」(33歳/建設)

・「20代後半からすでに結婚に対して焦りがあったので、30歳になったとき結婚していない自分の現実を目の当たりにしてショックだった。もう、素の自分を好きだと言ってくれる人なら誰でもいい」(32歳/IT)

30歳を超えると、嫌でも結婚を意識してしまうもの。いい男じゃないと格好がつかないという人もいれば、逆に彼氏に求めるハードルを落とした人も。さすがに、「誰でもいい」というのは考えものですが……。

変わらない派:「運命」の出会いがあるはず!

・「好きな男性のタイプはブレないから」(31歳/生保)

・「いまだに『これぞ運命!』みたいな劇的な出会いがあるはずと信じてしまっている」(30歳/IT)

・「彼氏や結婚相手に対する『条件』みたいなものを設定していないから、好きになった人と付き合いたいし、結婚したい」(30歳/教育関連)

・「30歳を過ぎたとき焦って婚活しまくったけれど、いまいちピンとくる人と出会えず、結局自分が好きになる人は変えられないと実感した」(33歳/小売)

30年以上、積み上げてきてものはなかなか変えられるものではないのかも?

彼氏選びの基準が“変わらない派”の人は、恋愛結婚を望んでいる印象。逆にいうと、“変わる派”は「恋愛と結婚は別」という意識が潜んでいるように思えます。女性にとって30歳とは、ひとつの節目。結婚を望んでいるなら、自分の好みのタイプや理想、そして現実を、今一度見直してみることが必要なのかもしれません。

※画像は本文と関係ありません

(栗本千尋+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]