お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド レシピ

男心をつかむ! 簡単「たまご」料理レッスン開催

「たまご」は日々の食事に欠かせない食材のひとつですが、みなさんはたまごが好きですか? 11月5日は「いいたまごの日」ということで、一般社団法人日本養鶏協会と一般社団法人日本卵業協会が主催するたまごのイベント「カレの胃袋をつかむ 簡単お料理レッスン」が、2015年11月5日(木)に都内にて開催。たまご好きな編集部も、参加してきました!

挑戦したのは「ふわふわたまごのオムライス」!

このイベントは、いいたまごの日にちなんで、たまごを使った料理をみんなで作るというもの。今回挑戦したたまご料理は、「ふわふわたまごのオムライス」です。簡単そうに見えるのに、たまごがふわふわにならなかったり、やぶけてしまったりと、意外と難しく感じている人が多いかもしれませんね。そこで、管理栄養士でダイエットコーディネーターの牧野直子先生に、ふわふわたまごのオムライスを作るコツを教えてもらいました。なんとそのコツはたったひとつ、たまごに「マヨネーズ」を加えることだけ! さっそくその作り方を詳しく紹介します。

ふわふわ半熟たまごを作るコツ

ふわふわたまごをひとりぶん作るときは、たまご3つに対して、大さじ2分の1のマヨネーズを加えます。まぜるときにマヨネーズがダマになっても、加熱すればキレイに溶けるので気にしなくてOKだそう。たまごをまぜ終えたらフライパンに植物油をひき、200度まで熱します。そこにバター大さじ1を加え、バターがすべて溶ける前にたまごをまわし入れます。たまごを大きくかきまぜて約30秒で火を止め、すべらせながらケチャップライスの上にのせればできあがり♪ 普段自分が作っているオムライスよりも、ふわっふわで豪華な仕上がりになりました。キレイな見た目もさることながら、口の中に入れると、とろとろのたまごとケチャップライスが絶妙にマッチ! そのおいしさに一気にペロリと食べてしまいました。

女性がたまごを食べるメリットとは?

たまごは、手軽に手に入るし、どんな料理にも合うし、おいしいし……と、いいことづくしですが、女性の体にうれしいメリットがたくさんあることを、牧野先生が教えてくれました。まず、たまごにはたんぱく質が多く含まれており、美しい肌になる土台を作ってくれるそう。また、細胞を作るために必要な脂質、頭の回転によいコリン、ホルモンの材料になるコレステロール、老化を防ぐビタミンE、そしてうるおいのある肌を作り、目の健康にもよいビタミンAが入っています。さらに、女性の悩みに多い口内炎や吹き出物の予防・改善にもよいビタミンB2も豊富に含まれているそう。それだけでなく、ビタミンB2は脂質の代謝をよくする働きがあるので、ダイエット中の女性にもオススメの食材だそうです。そして、味覚を正常に保ち、傷の治りも早くしてくれる亜鉛や、貧血予防によい葉酸も含まれていて、まさにたまごは女性の味方! イベント終了時には、「たまごを毎日食べない理由がない!」なんて思ってしまうほどでした。

さいごに

女性にとってたくさんのメリットがある「たまご」。こんなに体にいいのなら、よりいっそう毎日の食事に取り入れたくなりますよね。ふわふわたまごのオムライスで、カレの胃袋をつかみつつ、美も健康も手に入れてみるのはいかが?

(マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]