お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

職場で「厄介者」認定される人の特徴3つ

ファナティック

職場の環境はとても重要。特に一緒に働く人とがどんな人なのか、というのは円滑に仕事を進めていく上で大事な要素となっています。中には、「できるだけかかわりたくないな」と思うような人と一緒に働いている人もいるかもしれません。そこで今回は、働く女性のみなさんに、何かと煙たがれる職場の「厄介者」の特徴について聞いてみました。

噂好きな人

・「噂話が好きな女性。変なことを言うと、噂されそうで怖い」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「おしゃべり好き、噂話好きな人。気さくに話しかけてくる感じで、情報を探りに来ているのがよくわかる。あまり信頼できない人だと思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「人の噂が大好きで、根掘り葉掘り聞いてくるおばちゃんがいる」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「グチが多くてうわさ話が好き」(28歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

噂好きな人は、自分の話もすぐ周囲に広めてしまいそうでなんとなく不安になってしまいます。うかつなことを喋ると皆に広められてしまうため、一線を引きたくなります。

人当たりがキツい

・「ものすごい気分屋。朝の挨拶のテンションで、機嫌のよし悪しがわかる」(32歳/生保・損保/販売職・サービス系)

・「気分によって、言葉がキツくなる」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「デキる人だけれど、ものの言い方のキツい人で避けられている」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「悪気はないと思うのですが、言葉遣いがやや乱暴な人がいて、周囲はヒヤヒヤしています」(33歳/医療・福祉/専門職)

仕事ができないわけじゃない、むしろ業務が絡むと頼りがいのある人。でも、言葉遣いがキツかったり、感情の起伏が激しい人だと、「一緒にいるのは大変」と思われてしまうようです。

仕事に対する姿勢に難アリ

・「言わないとやらなかったり、性格的に問題があり、休みを譲らない」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「自分のことしか考えていなくて、言われたことだけしかやらない人」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「厄介なのは大体仕事しないやつ」(32歳/不動産/専門職)

・「言うことは一人前だけど、内容がついてきていない」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

職場において仕事に対する積極性に欠ける人も、「厄介者」認定されるよう。たしかに、すべて「指示待ち」状態では、忙しいときに困ってしまいますよね。

<まとめ>

職場で「厄介者」扱いされている人の特徴について見てきました。職場ではいろんな人がいるので、「この人はこういう人なんだな」と割り切って、大人の対応をし、そういう人とはつかず離れずの付き合い方をするのが、一番うまくいくかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数153件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]