お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「彼氏に愛されているな」と思ったサイン7選

彼氏とのデートやおうちでまったりしているときに幸せを感じている人も多いのでは? 特別なことはなくても一緒にいるだけでぬくもりや愛情を感じますよね。「私、大事にされているなあ」と感じる瞬間はどんな瞬間ですか? 働く女性に聞きました。

気づかい

・「気づかいのメールが来るとき。へこんでいるときに気づかいのメールがくるとじーんとしてしまうから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「体調を気づかいってもらったとき。季節の変わり目や、仕事が忙しいときに体調を気づかいってもらえるとうれしいから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「19時台に一人で帰るのを心配される時。学生でも帰宅時間がそれくらいになることもあるのに過保護だなと思うから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お願いしなくても、デートの時は必ず家まで送り迎えしてくれる時。夜道をひとりで歩かせないでいてくれるので」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「元気がないときに察知して心配してくれる。自分からは何も言っていないのに、感じ取ってくれたから」(22歳/生保・損保/事務系専門職)

中でも多かったのが「気づかいってくれる」という答え。相手のことをよく見て考えていないと気づかいはできないもの。愛情を感じます。

手をつなぐ

・「手をつないでいるとき。性的なものではなく心のつながりを求められている気がするから」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「デートのときに手をつないでいる。手をつなぐことで心が通じるから」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

手をつなぐことで心と心がつながる気がしますよね。

車道側を歩いてくれる

・「道路の車道側を歩いてくれるとき。危ないほうを歩かせないようにしてくれるのが、うれしい」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「歩道側を譲られること。気づけば毎回その立ち位置にいる」(25歳/不動産/秘書・アシスタント職)

歩いているときも自分のことを気づかいってくれていることがわかります。守ってくれる感じがうれしいですよね。

腕枕

・「腕枕されてるとき。自分のためにしてくれてる感じがするから」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「一緒に腕枕されて寝ている時。腕枕で寝るなんて愛されているなと思うから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

腕枕は大変なはずなのに、ずっと腕枕をしてくれるのはとてもうれしいし、安心感を感じるものです。彼に守られて眠りにつけるなんて幸せです。

忙しくても……

・「忙しくても会いに来てくれるとき。自分のために時間を作ってくれているから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

忙しくても時間を作ってくれるということは好きな相手ではないとできないことです。

受け止めてくれる

・「嫌なことを言っても受け止めてくれるとき。否定されないとうれしいから」(33歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

ちょっとしたグチやワガママもそのまま受け止めてくれる。自分の味方がいると考えるだけでがんばれますよね。

抱きしめてくれる

・「ちょっと萎えている時に包んでもらった時。仕事で嫌なことがあった時などそっと抱きしめてくれるとうれしいから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ギュッとしてくれる時。抱きしめてくれると大切にされている気がするから」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

やはり、抱きしめてくれると彼の愛情を一身に感じます。

まとめ

いかがでしたか? 想像するだけで温かい気持ちになれるような回答がたくさん集まりましたね。特別なことはしなくても日常のちょっとした気づかいや行動、言動で彼の愛情を感じているようですね。そんな彼を大事にしてよいお付き合いを続けていかれるといいですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数件112(22〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]