お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 アイテム

“チラ見せ”は厳禁! 「胸元が開いた服」をキレイに着こなすテク3つ

ファナティック

「胸元が開いた服」って、さりげない色っぽさを出すこともできるので、「ここぞ」という日に着る女性は少なくないのでは? でも、着こなしによっては下品に見えてしまうのがネック。そこで今回は、女性のみなさんに「胸元が開いた服をキレイに着こなすテクニック」について教えてもらいました!

<「胸元が開いた服」をキレイに着こなすテクって?>

■まずはバストラインを美しく!

・「胸元が開いているのにバストが貧相だと不格好なので、バストが小さい人は盛るといい感じに」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「ジムで鍛えてバストが垂れないようにしている。バストがキレイに見えるブラをする」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「バストの形がキレイに見える下着をつける」(28歳/機械・精密機器/その他)

胸元が開いている服なので、バストの形は演出すべし! という意見。バストサイズが大きめの人は、垂れずにハリのあるバストに見えるようなブラを着用したり、バストサイズが小さめな人は、ボリューム感の出るブラを選ぶことで、胸元がキレイに見えるよう。

■下着のチラ見えはNG!

・「下にもきちんと何か着ておく」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「マナーとして、見えないようには気をつける」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他

・「開きすぎないこと。開きすぎの場合は中に一枚着るようにしている」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「屈んだときに、中が全部見えてしまうとだらしないので、そこらへんの対策はきちんとする」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

セクシーな装いだからといって、わざとらしく下着が見えてしまったら、下品に見えてしまいます。意中の男性に「なんだか下品な子だな……」と思われないために、下着が見えないようにする工夫は忘れずに。胸元が大きく開いている服の場合は、インナーを着用して、ヘルシーさを残して。

■デコルテケアはしっかりと!

・「顔と同じように、デコルテのケアをする」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「お風呂上りにボディバターを首元に塗る」(32歳/金融・証券/営業職)

・「デコルテのケアに気をつかう」(23歳/小売店/事務系専門職)

・「デコルテの保湿をしっかりする」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

胸だけではなく、デコルテも強調される服なのですから、キレイにしないわけにはいきません。肌のお手入れの延長線上で、首~鎖骨まわりのケアもしっかりと!

<まとめ>

胸元の大きく開いた服は、女性的な魅力を発揮する服ですが、その着方によっては、マイナスな印象をあたえてしまうことも。ぜひ、「セクシーだけど、上品な着こなし」になるよう意識してみてくださいね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数128件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]