お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 理想の未来をかなえる

会社に行きたくない~! 月曜の憂うつを吹き飛ばす方法3つ

ファナティック

楽しい週末を過ごせば過ごすほど、憂うつな気分になる月曜日。また、1週間がはじまるのかと思うと起きるのも嫌になってしまい、気分がどんどん滅入ってきますよね。こういうときは、どうすればいいの? 今回は、月曜の憂うつな気分を吹き飛ばすための方法について、働く女性たちに聞いてみました。

■月曜の朝をゆったり過ごす

・「おいしいコーヒーを飲んでひと息つく」(32歳/金融・証券/営業職)

・「月曜日に楽な仕事を持ってくる。作業が楽だから気が楽」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「月曜の朝においしい朝食を用意して、憂うつな気分をなくす」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

あえて早めに起きてゆったりとした気分で朝食を取ることで、憂うつな気分を吹き飛ばすという女性も。おいしいコーヒーでリラックスするのもいいですね。月曜の仕事はできるだけ簡単なものにしておくと、のんびりと1週間をスタートできそうです。

■仕事終わりのごほうびを用意しておく

・「ランチで好きなものを食べる。とりあえずお昼までの楽しみを確保する!」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「月曜日の夜に自分なりの楽しいイベントを入れる」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「週末の楽しい予定を思い描いて、『とりあえず平日は効率よくスピーディに過ごすぞ』と意気込む」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「とにかく週末に楽しい用事を入れる。でないとモチベーションもあがらないし、乗り切れない」(29歳/医療・福祉/専門職)

おいしいランチの予定を立てる、仕事終わりにイベントの予定を入れるというのも週のはじめのだるさを乗り切るにはよさそう。週末に遊びに行く予定を立てておくというのも、仕事をテキパキとこなすためのモチベーションに繋がりそうです。

■ムリやりテンションをあげる

・「『さぁ! 1週間がんばるぞ!』と自分に言い聞かせる。奮い立たせる」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「朝から好きな曲を聴いてテンションをあげる!」(26歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「ギリギリまで寝ておいて、考える時間を減らす」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

テンションが下がりがちな月曜日だからこそ、ムリやり自分で自分を奮い立たせることが大事。「今日から1週間がんばる!」と自分に言い聞かせたり、好きな音楽でテンションをあげたりしている人もいるようです。でも、どうしてもテンションがあがらないというときは、考える時間をなくすために遅刻寸前まで寝てしまうというのもアリかもしれませんね。

仕事は嫌いじゃないとしてもお休みのあとはやっぱり出社するのが億劫になりますよね。遊びの予定を入れたり、月曜日の朝食はいつもより豪華にするなど、自分へのごほうびを用意しておくとテンションがあがりそう。仕事とプライベートのバランスをうまくとって、週のはじまりから楽しくすごしたいですね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数108件(22歳~34歳の働く女性)。

みんなが読んでる人気記事 理想の未来をかなえる