お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼ママへの手土産の選び方ポイント6つ

ファナティック

彼との交際が進み、次のステップにいくための最大の難関といえば彼の両親へのご挨拶。服装や立ち居振る舞いも気になりますが、手みやげは第一印象をアップさせるための重要アイテムです。彼の両親に会うときに適した手みやげを、社会人の女性に聞いてみました。

■洋菓子VS.和菓子 どっちがいいの?

・「ユーハイムのバウムクウヘン。個包装で歯に優しく高くもなく、有名だから。」(32歳/不動産/秘書・アシスタント職)

・「有名店のスイーツだったらはずれはないです」(31歳/その他/その他)

・「老舗の和菓子。年配の方には和菓子かなぁ…と」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「和菓子系。好き嫌いが少なそうだから」(31歳/電機/事務系専門職)

どちらの意見も多数上がりました。洋菓子なら、バームクーヘン、クッキーなど焼き菓子、を挙げる方が多かったです。和菓子はようかんや最中、どら焼きなどが挙がりました。どちらも有名店など名の通ったお店のものがいいとの意見が多かったです。年齢的にも硬いものが難しいご両親もいるかと思うので、悩んだらやわらかいものの方が無難かも。

■日持ちすることって大事

・「日持ちする、好き嫌いがあまり分かれないもの」(25歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「日持ちするオーソドックスなお菓子。相手がすぐ食べられるかとか、何が好きだとかわからないので、たとえば相手が嫌いなものだったとしても日持ちするものなら近所の人にあげてしまったりもできるので。」(33歳/金融・証券/専門職)

消費期限に余裕があるものを選んだ方が無難なようです。日持ちのしないものだと、その場で食べる必要が出てきたり、彼ママが何か用意していたらかぶってしまったりしちゃいますよね。また、嫌いなものだったとしても、他人に上げやすいという利点もあります。

■盲点!? 個包装がいいみたい

・「日持ちする個包装の物 気に入らなかったら横流しできるし、開けた後でも他の人に分けられるから。」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「個包装の豆腐ドーナツ。洗い物の手間を生じさせない配慮が大切」(28歳/不動産/事務系専門職)

どうやら個包装のほうが喜ばれる可能性が高そうです。先ほどと同じ理由で、気に入らなくても他人に分けてあげやすいですよね。また、洗い物の手間! たしかにその通りです。彼ママに「できる嫁候補」アピールができちゃうかも!?

■話のネタにも! 自分の地元銘菓

・「地元で一番おいしい和菓子屋さんのお菓子。自分とゆかりのある土地の食べ物のほうが印象が良さそうだから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「自分の地元で有名なお菓子。自分の故郷の話もついでにできるから」(29歳/金融・証券/営業職)

彼と出身地が離れている場合、自分の地元のお菓子を選択する人が多いようです。食べたことがない場合も多く、そのまま話のネタにできるのもメリットです。老舗のお菓子屋さんであればなおさら好印象かもしれません。

■事前に好物を調査!

・「誰にでも共通した『これなら確実。』としたものは無いと思う。彼に両親の好みをよくよく聞く事が大切だと思う。」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「彼に両親の好物を聞いて買っていくのが間違いないです」(30歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「彼の両親の好きなもの。あらかじめ彼に聞いておいて、ご両親の喜びそうなものを持って行くのが最もはずれがない」(31歳/医療・福祉/専門職)

絶対に失敗したくないなら事前に調査するのが賢明です。こちらがどんなに思いを巡らしても、相手にとっては余計なお世話かもしれないし、どんなにおいしいものでも口に合う保証はありません。ただし、男性は女性ほど両親の好みを知らないことも多いもの。実家を出てから長い彼氏の場合、彼ひとりの意見を鵜呑みにするのは要注意です。彼が直接両親に聞けるように動けるとベスト。

■意識するのは“彼ママ”

・「ちょっといいお店のケーキ。無難な物が良いと思う。彼ママに良い印象を持ってもらうためにはスイーツだと思う。」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「彼のお母さんの好きなもの」(30歳/医療・福祉/専門職)

ご両親へのご挨拶も、意識すべきはパパではなく「彼ママ」の模様。彼パパと彼ママの好みが別れた場合、「彼ママ」好みの手土産を選ぶのがいいのかもしれません。

■まとめ

彼の両親との初対面は緊張するものですが、世の中の親たち全員が喜ぶ手土産など存在しないのです。手土産で頭を悩ませてもことは始まりません。しっかりと相手のことを考えて選んだ手土産なら気持ちは伝わるはずです。上記のようなことを意識して選び、自信を持って彼の家へ向かいましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数160件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]