お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

仕事に対しても草食なの!? 約〇割の男性には、仕事よりも大切なものがあった!

ファナティック

最近の男性たちは、草食化が進み、なんと昇進に関しても、あまりガツガツしていない人もいるそうです。「え、本当にそんな人いるの?」と疑問に思った人もいることでしょう。そこで今回は働く男性たちにこんなアンケートを採ってみました。

Q.「昇進するよりも○○を優先したい!」と思うことはある?

 「ある」……33.0%
 「ない」……67.0%

なんと、約3人に1人の男性が、昇進よりも優先したいことがある、と答えています。彼らはどんなことを優先したいのでしょうか? 詳しく教えてもらいましょう。

■趣味の時間

・「フットサル。仕事ばっかりして自分の日常の楽しさを失いたくない。昇進しても人間としてユーモアがないといやだから。嫌われる」(36歳/機械・精密機器/営業職)
・「趣味。趣味の時間を削っても仕事をやりたくない。昇進については実力がないからしたいとは思わない」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「自分の時間がほしい」(31歳/電機/技術職)

「仕事よりも趣味に生きたい!!」という男性、けっこういるようです。確かに、自分の時間って生き甲斐に繋がりますからね。まったくないのは問題です。

■健康な体!!

・「休息。死なない程度に忙しくなるくらいの昇進ならいいのだが」(32歳/商社・卸/営業職)
・「健康。仕事に追われて、健康を害したくはないから」(32歳/通信/技術職)
・「ストレスがないこと、楽しいこと、やり甲斐があること」(33歳/情報・IT/事務系専門職)
・「健康と自由な時間」(38歳/通信/技術職)

昇進したのはいいけれど、仕事が忙しくなりすぎて健康を害してしまったら、元も子もありません。健康第一、確かにです。

■大切な人との時間

・「家族との時間を大切にしたい。昇進に見合う給料がついてくればいいが、責任だけ重くなっている」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「恋愛。昇進はできればいいかなくらいです」(31歳/運輸・倉庫/技術職)
・「家庭を大事にしたい」(33歳/機械・精密機器/技術職)

仕事が多忙すぎて、家族との時間が取れない……そんな働くお父さんはたくさんいます。本当に家族のことを思うのならば、程よく稼ぎ、きちんと家族との時間を過ごせる仕事の仕方をしたいですよね。

■まとめ

昇進を望むよりも、ほかに優先したいことがある人の多くは、自分のことと、家族のことを大切に思っているようです。仕事により、すり減ってしまうものはたくさんありますからね。
しかし、仮に自分のパートナーがこういう考えで、出世を蹴ったらどうしますか? 思いとどまらせる? 賛成する? 人によって異なるでしょうが、来るかもしれない未来のため、ぜひ一度、考えてみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]