お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

胸は大きいほうが……!? ダイエットしたのに彼には不評だったエピソード3選

ファナティック

彼のためにキレイになりたいと思うのは女性なら当たり前。キレイに洋服を着こなしたい、彼にスタイルがいいと思ってもらいたい一心でダイエットに励むという人も多いですよね。でも、ダイエットをして痩せたのに彼からはほめてもらえず、逆に痩せたことが不評だったとしたら大ショック! 今回は、せっかくダイエットしたのに彼には不評だったエピソードを女性たちに聞いてみました。

ダイエットしたのに彼には不評だったエピソード

1.痩せ過ぎを指摘された

・「『太った太った』とぜい肉をつまんでからかうのでダイエットしたのに、いざダイエットしたら『ガリガリすぎて気持ち悪い』と言われすごく傷ついた」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「あばら骨を見て骸骨みたいだとののしられました」(25歳/生保・損保/営業職)

・「おなかまわりがあばらっぽくなってしまって痩せすぎと言われた」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

彼が太ったことをからかったことでダイエットを決意したのに、成功したらガリガリで気持ち悪いなんて失礼な話ですよね。あばらが浮いてしまうほどダイエットした姿を見て心配だったのかもしれませんが、彼女のことを気遣うのであればもう少し言葉を選んでくれればいいのにと思いますよね。

2.ぽっちゃり・ムチムチのほうがよかった

・「おなかの肉を少し減らしたとき、『肉が減ったね』と悲しそうな声で言われた」(23歳/農林・水産/販売職・サービス系)

・「『脂肪があったほうがやわらかくて触り心地がいいのに』と言われた」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「太もも痩せをしたら、前のムチムチな感じのほうがよかったと言われた。年をとったらどうせ太るから、今は痩せていてもいいでしょ、と言っている」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

がんばって痩せた姿を彼に見せたら「前のほうがよかった」と悲しそうに言われたという人も。ダイエットに成功して喜んでいたのに一気に凹んでしまいそうな言葉ですね。ぽっちゃり、ムチムチな体のほうが好きなのはわかりますが、せめてキレイになったねとひと言ほめるくらいのやさしさは持ってもらいたいものです。

3.バストがサイズダウンして不評を買った

・「胸から痩せてしまい、サイズダウンして不評でした」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「胸のサイズが減って不満そうにされて、ムカついた。男ってやつは、欲張り」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「胸が大きいほうがいいと言われた」(28歳/医療・福祉/専門職)

体質にもよりますが、ほとんどの女性は痩せればバストのサイズも小さくなるもの。ダイエット後に小さくなった胸を見て「大きいほうがよかった」と不満をもらされるとムカついてしまいますよね。バストサイズをキープしたまま痩せるのがどれだけ難しいか男性にはわからないものなのでしょうね。

まとめ

ダイエットに成功して喜んだのもつかの間。彼から「気持ち悪い」とか「胸が小さくなった」と不評を買ってしまったという女性は多いようです。ぽっちゃりが好きな男性が多いというのは知っていても、痩せてキレイになりたいというのは多くの女性が願うこと。痩せるために努力したことを彼に認めてもらえなかったんだというのも悔しいし、自分に対する気遣いを見せてくれないところもちょっと残念。彼にはもう少し女心を理解してもらいたいものですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数152件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年10月29日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE