お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 休日ステキ女子

セコくなんかない! “クーポン”や“割引券”を使用する男子に、女子が好感を抱く理由

ファナティック

好感度UP

メルマガやアプリで簡単に入手できるクーポン。食べ物や飲み物が安くなったり、タダになったりとお得な特典ですよね。しかしそんなクーポンを使うと、逆に「ケチくさい」と思われることも。というわけで今回は、割引サービスやクーポンを駆使する男性に対してどう思っているのか、女子のみなさんに聞いてみました。

Q.割引サービスやクーポンを駆使する男性どう思う?

好感度UP……63.4%
好感度DOWN……36.6%

「好感度UP」と答えた人が63.4%と多い結果に。やりくり上手な彼にキュンとくることもあるのかも。では、まず「好感度UP」と答えた人の理由を聞いてみましょう。

■金銭感覚がしっかりしている

・「節約しすぎはいやだけど、敏感なほうがいいと思うし、結婚生活なども想像しやすい」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「お金を節約していてえらいなと思う」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「倹約家でしっかりしてそうだと感じます」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

サービスやクーポンを駆使してできるだけお得にしようという姿勢は、女子からみても好印象。金銭感覚がしっかりしているところを見れば、価値観の違いでケンカになることもなさそう。

■かっこつけてないところがGOOD

・「クーポン券は使った方が得だし、見栄を張ってる感じもないからいい」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「かっこつけるより、同じ金額でより良いサービスを受けられた方がいい」(31歳/その他/その他)

・「使えるところでは使うべきだと思うから。かっこつけてザル勘定な方が嫌」(30歳/通信/事務系専門職)

スマートに「おごるよ」と言う男性はたしかにあこがれますが、無理している感じがでてしまい気持ちよくおごられにくいもの。クーポンや割引サービスを使用しているほうが、親しみやすさを感じるみたい。

続いて、「好感度DOWN」と回答した人の意見です。

■ケチっぽい

・「スマートでなく、ケチな感じがする。使ってもいいけど、わたしにわからないように使ってほしい」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「自分とのデートをケチられている気がして嫌だから」(29歳/金融・証券/営業職)

・「ケチくさく見えるので、見えないところでこっそりやってほしい」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

そうするほうがよりお得だとわかっているけれど、やはりケチっぽいという感想を抱いてしまうよう。もしも使用するのなら、彼女の見ていないところでやるのがスマートかも。

■あまり親しくないときに使うのはNG

・「慣れてからならいいけど、あまり親しくない相手だと、ケチっぽくてすごく嫌」(33歳/金融・証券/専門職)

・「初めてのデートでは使わないほうがいい」(32歳/金融・証券/営業職)

・「付き合いが長くなってからなら気にしないが、最初の頃くらいは格好つけてほしい」(31歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

初デートでクーポンを使用して「おごるよ」と言われても、なんとなくうれしくないと感じてしまうもの。ある程度親しい仲だったらいいですが、序盤で使ってしまうと好感度が下がってしまいます。

クーポンを使用してもいいと考える女子は多いみたいですが、せめて見ていないところで使うことや、出会ってすぐのデートでは出すべきでないカードみたいです。あなたなら、クーポンや割引サービスを駆使する男性は好感度UP? それとも、好感度DOWN?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月~10月にWebアンケート。有効回答数183件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]