お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

あなたならどうする? 好きな男性に彼女がいたら、そこで試合終了? それとも攻める?

ファナティック

失恋最初から彼女がいるとわかっていたら……! 好きになってしまった男性が彼女持ちだったということは珍しくないですよね。そんなとき、みなさんなら「彼女がいるなら仕方ない」と素直にあきらめますか? それとも略奪してでも彼と付き合いたいと思いますか? 今回は、好きになった男性に、彼女がいたときにどうするか女性たちに聞いてみました。

Q.好きになった人に彼女がいたら、あきらめますか?

「あきらめる」83.0%
「あきらめない」17.0%

8割以上の女性が、意中の男性に彼女がいるとわかった時点であきらめると回答しました。では、どうしてあきらめようと思うのかについても聞いてみましょう。

■後々、めんどくさいことになりそう……

・「争う事を避けたいから。普通に友だちでいる」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「彼女がいる人を奪おうとするなんて、よくないと思うから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「奪ってまで……とは思わない。後味が悪そうだし、恨まれるのは嫌だから」(24歳/食品・飲料/専門職)

彼女から奪ってまでその男性と付き合おうとは思えないし、何かしらの行動を起こしたら彼女からも恨まれそう。結果がどうなったとしても後味が悪いし、そもそも彼女がいる男性を好きになった自分が許せなくなるかも。人のものを奪うという状況に陥るようなことはできるだけ避けたいと思うみたいですね。

■友だちとして付き合う

・「彼女がいると知ったら、それ以上深入りしないようにする。友だちとして接する」(22歳/金融・証券/事務系専門職)

・「邪魔はしたくないので距離をとる。友だちとして仲よくなる」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「もし万が一別れたら行動できるように、友だちのポジションでいる。奪うなんてどちらにも失礼だからできない」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

彼女がいるとわかったら、それ以上深入りせず友だちとして接するようにするという人も多いようです。幸せなカップルの邪魔はしたくないけれど、万が一別れるようなことがあったらすぐに行動に移れるように友だちのポジションはキープしておくというちゃっかりした女性もいるみたいですよ。

では、あきらめないという女性にもその理由を聞いてみましょう。

■とりあえず告白してみる

・「まずは告白する。友だちはそれであきらめず告白、結局、結婚したから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「好きになったなら、とりあえず告白したいかも」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「アタックをして選ぶのは彼だから」(28歳/通信/販売職・サービス系)

好きになった男性には彼女がいようと構わず告白するという女性も少ないながらいるようですね。あきらめずに告白したことで結婚するきっかけになった友だちが身近にいると、勇気もわいてきそう。告白するのは自分でも最終的に選ぶのは彼。告白する自由くらいは持っていてもいいんじゃないかという考えのようですね。

彼女がいる男性を好きになることはいいことではないというのは、誰もがわかっていること。でも、好きになってから彼女がいるとわかった場合は、気持ちを切り替えるのが難しいのも事実。自分の心の中だけにその男性への気持ちを閉じ込めておくのが一番だとは思うものの、そう簡単に好きな気持ちを抑えることはできませんよね。まわりの人や彼女から責められても耐えられるほどその男性が好きなら略奪もアリかもしれませんが、人にしたひどい仕打ちが自分にも返ってくることだけは忘れないほうがいいですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]