お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

43.8%の男性は「アリ」! 「料理下手女子」が結婚相手としてOKな理由とは?

女性だからといって料理がうまい、とは限りませんよね。中には、「むしろ正直料理が苦手……」だと思っている女性もいるのでは? では、そんな「料理下手女子」のことを男性はどう思っているのでしょうか? 結婚相手として料理下手な女性はアリなのか、ナシなのか、社会人男性に本音をぶっちゃけてもらいました!

Q.結婚相手として料理下手な女性のことを、正直どう思いますか?

「アリ」……43.8%
「ナシ」……25.0%
「躊躇する」……31.2%

今回は、「アリ」が最も多い結果に。しかし、「ナシ」「躊躇する」という男性は合わせて半数以上の割合になるなど、少なからず「料理ができるかどうか」は男性が結婚相手を選ぶポイントのひとつになっているようです。それでは、それぞれを選んだ理由についてくわしく聞いてみましょう。

<「アリ」と答えた男性の意見>

■これからうまくなってくれればいい

・「これから上達していけばいいので」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「そのうちうまくなる」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「結婚後にがんばってくれればそれでいい」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

結婚前は下手でも、結婚後にがんばってくれればそのうちうまくなるだろう、という男性たちの寛大な意見が集まりました。こんな男性が相手なら、たとえ料理が下手だったとしても、彼のためにがんばってみようという前向きな気持ちになれますよね。

■得意なほうがやればいい

・「自分で料理すればいい」(29歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「得手不得手は人間なのであるはず。分担するなりすればいい」(33歳/情報・IT/技術職)

こちらも理解がある男性たちの意見です。役割分担もひとつの手。男性のほうが料理が得意な場合は、ほかの家事を女性ががんばれば、結婚生活も円満にいきそうです。

<「躊躇する」と答えた男性の意見>

■ある程度はできてほしい

・「食事は毎日するから下手なのはちょっといやだ」(32歳/農林・水産/販売職・サービス系)

・「自分だけならいざ知らず、子どもが苦労しそうだから」(32歳/食品・飲料/営業職)

・「ある程度はできないと家に帰りたくなくなると思います」(32歳/機械・精密機器/技術職)

毎日のことなのである程度はできてほしい、という男性たちの本音がポロリ。また、子どものことまで考えると、そこはなかなかスルーできない問題のようです。

<「ナシ」と答えた男性の意見>

■料理くらいは最低限できてほしい

・「妻は最低限料理ぐらいできてほしい」(27歳/情報・IT/技術職)

・「多少なら許されるが、ひどいと修行してと言いたくなる」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

女性たるもの料理が作れて当たり前! あまりにレベルが低い料理を出されると、「修行してこい!」と言いたくなってしまう手厳しい男性たちの意見もありました。

「料理下手女子」に対する男性たちの許容範囲は人それぞれ。とはいえ、結婚をしたら毎日振る舞うことになる料理なので、できれば旦那さんには「おいしい」と思って食べてもらいたいですよね。「料理下手女子」と自覚している女性のみなさんは、結婚する前に料理の腕を磨く努力をしてみてもいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年1月15日~29日にWebアンケート。有効回答数114件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]