お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

やん、もう惚れ直しちゃう……! 疲れているときに彼がしてくれた“神対応”4選

ファナティック

会社で嫌なことがあったり、忙しすぎて疲れたりしているときは正直彼と会うのもおっくうになりますよね。そんなとき、彼がやさしくいたわってくれたら、とてもうれしく感じるものです。今回は、働く女性に疲れているときにしてくれた彼の“神対応”について聞きました。

■マッサージをしてくれる

・「PC仕事で疲れているとき、彼を放っておいていたのに、足のマッサージをしてくれた」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「マッサージを全身ていねいにしてくれて、大好きなお店のスイーツを大量に購入して元気付けてくれた」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事で疲れた週の週末にお泊まりしたとき、首から背中にかけてマッサージをしてくれた」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

デスクワーク中心の仕事で、体中がこっている女性も多いのでは? 自分も仕事で疲れているはずなのに、やさしくマッサージをしてくれるなんて……幸せな気分になりそうですね。

■話を聞いてくれる

・「向こうも仕事で疲れているのに夜遅くまで話を聞いてくれた」(31歳/金融・証券/営業職)

・「夜遅くまで私のグチを聞いてくれたとき。彼も疲れているはずなのに熱心に聞いてくれた」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「何も言わず話を聞いてくれて、なぐさめてくれた」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

グチやネガティブなことはあまり言いたくないなと思っていても、誰かに話を聞いてほしいときはあります。ただ話を聞いてくれるだけで、ありがたく感じます。

■家事をしてくれる

・「食器を洗ってくれたり、簡単だけど料理を作ってくれる」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「普段はやらない家事(風呂掃除や食器洗いなど)をしてくれて、さりげなくお茶を入れてまったり一緒に過ごしたとき」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「彼の誕生日が土曜日だったのに自分が休日出勤になってしまった。彼は私の家でステーキを焼いて待っていてくれた」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

食事を作ってくれたり、家事をやってくれたり……。何か彼女の手助けをしなきゃとがんばってくれている姿がいとおしいですよね。

■そっとしておいてくれる

・「そっとしてくれるのが一番。思考回路が混雑してるときはね」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「出かける予定をキャンセルして、ゆっくりと部屋で休ませてくれた」(30歳/情報・IT/営業職)

・「ちょっとしたことを覚えていてくれて、疲れているときにそっとしておいてくれたこと」(28歳/食品・飲料/技術職)

すべての女性が疲れたときに、彼氏にそばにいて癒やされたいわけではありません。中には一人になって、そっとしておいてほしいという人も。たとえデートの約束していたとしても、予定をキャンセルして休ませてくれる。彼の深い愛を感じます。

いかがでしたか? どれも彼女への気づかいが伝わってくるような“神対応”でした。特別なことではないけれど、相手のことを思いやった行動に愛情を感じるのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数160件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]