お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

妹のような存在が、あるときから女に……。仲のいい年下の女の子が「女性」に見える瞬間4つ!

Spinof Design(スピノフ デザイン)

男性にとって「今まで圏外だと思っていた女性」が、急に恋愛対象に入ってくることがあるそうです。たとえば相手が年下で妹みたいに思っていたのが、ふと見せた一面がきっかけでドキドキスイッチが入っちゃうのだとか。年上男性がタイプな女性にとっては、どんなきっかけで恋愛圏内に入れるのかが、気になるところですよね。恋の戦略を立てる上で重要な、男性たちの証言を集めてみました!

メイクやファッションがガラリと変わったとき

・「メイクをバッチリしだして、急に大人っぽくキレイになったとき。眉毛をととのえたり急に洗練されるから。」(32歳/通信/技術職)
・「ノースリーブなど露出の多い服をきたとき。キレイな肌を見るとやはり女に見えるから。」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「実は肌がキレイだと判明したとき。すべすべだと触ってみたくなるので(笑)。」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

人が見た目から受ける情報は、なんと50~80%以上にものぼるそうです。聴覚や触覚などよりも、圧倒的に視覚で判断しているんですね。なので、メイクやファッション次第で与える印象がものすごく変わり、恋愛感情を持つようになるみたいです。

いつもとちがう仕草や表情、行動

・「ときどき見せる笑顔がかわいいと思うとき。一瞬見せる顔がキレイだとドキドキするから。」(28歳/情報・IT/技術)
・「無防備な表情を見せたとき。思わず『おぉっ』と思っちゃうから。」(38歳/情報・IT/技術職)
・「普段とちがう格好をしたり、化粧を変えたりすると、見違えて女に見えてしまうことがある。ギャップ萌えするから。」(33歳/電機/技術職)
・「恋愛相談をしてきたとき。恋愛してると実感するから。」(38歳/通信/技術職)

恋愛対象ではなかったので、男性側としては油断していたところに不意をつかれた形になります。「意外性」は大きな武器ですね。恋愛相談をされているうちに、異性として意識するのは少女マンガなどの王道パターンだったりします。信頼関係ができたり、情が湧いたりすることで恋愛につながりやすいようです。

年下なのに、頼もしく思えた瞬間

・「弱っているときに、料理を作ってくれた。」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「人生経験が少ないにもかかわらず、自分の悩みについて真剣に考えてくれた。参考にならないこともあるけど、熱意のようがストレートに伝わる。」(35歳/金属・鉄鋼・化学/個人事業主)
・「自分が落ち込んでいるときに支えてくれた。それまでは反対の立場だったのに、そのギャップに惹かれた。」(32歳/機械・精密機器/技術職)

年下の守るべき存在だったのに、急にお姉さん的パワーを発揮。困っているときに助けてくれると、その後も感謝の気持ちを忘れずに、いつしか異性として気になるように……。運動系の部活の、後輩女子マネージャーが思い浮かびます。ケガしたときの手当や、スコア付けや分析で、陰ながら選手を支える姿と重なりますね。

女性としての成長を感じたとき

・「大きくなってお酒を飲んでいるとき。自分の中では学生で止まっていたから。」(25歳/電力・ガス・石油/技術職)
・「自分に好意を持っていると気づいたとき。自分は気持ちを抑制しているから。」(34歳/運輸・倉庫/営業職)
・「デートに誘われたとき。仲がいいだけだと思ったが、2人だけで遊びに行きたいと言われて」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「自立しだしたとき。手元から離れていくような錯覚を覚えるので。」(30歳/機械・精密機器/技術職)

お酒がターニングポイントだったりするみたいですね。女の子に対して父性のようなものを感じて、見守る立場だったところに、ふとしたきっかけで恋心が芽生えることもあるみたいです。ちょっと会わないうちに、いつの間にかオトナの女性に成長していた。年の差の恋愛物語などに見られる、ドキドキする展開ですよね!

以上を踏まえて「脱・妹キャラ! 年上男性攻略法」と注意点をまとめてみました。

□お姉さんっぽいメイクやヘアスタイル、ファッションを研究(実年齢より年上めのファッション雑誌がよさそう)
□「いつもとちがう」「これまでとちがう」私を演出(過剰に演出しないよう、さりげなく)
□部活の女子マネのように、献身的にサポート(出しゃばりすぎはダメ)
□飲みに誘って、オトナの女性を演出!(飲み過て酔っぱらうのは逆効果)

しっかりした年上男性は、女性の永遠のあこがれですよね。攻略法をマスターして、恋愛圏内を目指しちゃいましょう!

(Spinof Design)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数120件(22歳~39歳の社会人男性)

Spinof Design(スピノフ デザイン)

グラフィックデザインの制作を中心に、ライター業、ライフデザイン講座の開催、アート教室を運営しています。主な専門分野は「女性の転職」「男性視点」「子育てと仕事の両立」です。「自分のカラを破ろう!」をテーマに、乳幼児向けのママさん向けの「パート起業&パート就業講座」をスタート。小学校でのキャリアデザイン出張授業や、商業高校での「とにかく楽しく!作りたいものを一緒に作るIllustrator・Photoshop講座」も好評です。

この著者の記事一覧 

SHARE