お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性に聞く! 本当のところ、彼女と誕生日のお祝いはしたい?

ファナティック

カップルであれば年に数回ある記念日。誕生日やクリスマスのほかに、付き合って●日記念日なども設定するカップルがいるかもしれません。男性はそんな記念日のお祝いをどう思っているのでしょうか? 気になりますよね!

Q.本当のところ、彼女と誕生日やクリスマスなどの記念日のお祝いはしたいですか?

「お祝いしたい、楽しみ」53.7%
「苦手、面倒くさい」46.3%

読者に採ったアンケートでは、53.7%の男性が「お祝いしたい、楽しみ」と回答。僅差ですね。それぞれの理由を見ていきましょう。

<「お祝いしたい、楽しみ」派の意見>

おいしい料理を食べたい!

・「イベントごとは何かと楽しいから。ケーキも好きだし」(32歳/ソフトウェア/技術職)

・「自分もおいしいものを食べて楽しいので」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

記念日のお祝いといえば、ケーキが欠かせません! ほかに、普段はしないちょっと豪華な食事など、男性でも楽しみなものです。

その日を大切にしたい

・「特別な日だと思うし、思い出になるから、そういった日は彼女と過ごしたいです」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「1日1日が大切だけれどイベントはしっかり楽しみたい」(23歳/機械・精密機器/営業職)

ごちそうも二人で過ごせるその日を演出するためのもの。普段は言えない相手への感謝をしっかり伝えたいですね。

記念日をキッカケにしたい

・「相手の記念日にこそ、相手と親しくなるチャンスなので、プレゼントを用意するべき」(28歳/情報・IT/技術職)

・「本当のところ、お祝いした後の展開が楽しみ」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

お付き合いしていてもなかなか距離を縮められないカップルにとって、数回ある記念日はいいキッカケになりそうです。

<「苦手、面倒くさい」派の意見>

盛り上げるのが大変

・「いちいち盛大にやらなければならず、面倒くさい」(31歳/電機/技術職)

・「サプライズのプレッシャーがつらい」(25歳/ソフトウェア/技術職)

記念日だと何かといつもとちがう演出を期待してしまうもの。とはいえ、毎回考えざるを得ない彼はけっこう大変ですね。

プレゼント選びに困る

・「彼女の誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントを毎回何を渡すか悩むので正直面倒くさい」(27歳/情報・IT/技術職)

・「相手のほしいもの探しやらセンスが問われることが苦手なので」(32歳/商社・卸/営業職)

一生懸命選んだプレゼントも、相手の心に響かないとあげる甲斐がないですよね。そのためリサーチが慎重になって負担増です。

自分でもしないのに

・「自分の誕生日でも何もしないほどに、まったく気にしていない。強要されたりすると嫌悪感すらある」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「自分一人でもやんないので」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

自分一人だからこそ何もしないでよかったのですが、相手に求められるとそうもいきませんよね。お付き合いするなら仕方ないかも。

まとめ

男性読者のご意見を見てきましたが、いかがですか? 「お祝いしたい、楽しみ」派のほうが多いものの、それでも半数近くの男性は記念日のお祝いが苦手なよう。あまりプレッシャーをかけず、彼女のほうから一緒に楽しめることを提案してあげるといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数121件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年10月01日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE