お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あえなく玉砕! 実録・彼に通用しなかった「結婚したいアピール」9

ファナティック

そろそろ彼からのプロポーズがあってもおかしくないのに彼がなかなか結婚に踏み切れない。結婚を焦るわけじゃないけれど彼にははっきり結婚の意思を見せてもらいたい。そんなときは、自分から結婚したいアピールをしてみたくなりますが彼が鈍いのか、まだ決心がつかないのかスルーされてしまうことも。どんなアピールをスルーされたのか女性たちに聞いてみましょう。

結婚情報誌をさり気なく見せる

・「ゼクシィを机の上に置いてみたが、彼に伝わらなかった」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「ゼクシィを立ち読みする」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「ウインドーでウェディングドレスをあこがれた目で見ること。『きれいだね~』と言われただけで終わってしまった」(24歳/食品・飲料/専門職)

結婚に関する情報が満載の結婚情報誌は、結婚したいと思っていない人なら手に取ることもありませんよね。というわけで、本屋でさり気なく結婚情報誌を立ち読みしている姿を見せたり、机の上にわざと放置してみたりしたものの彼からの反応はゼロ。ウェディングドレスをキラキラした目で見つめても反応は薄かったようです。

家庭な雰囲気を演出してみた

・「お弁当を作ってみたり、家事をしてみて生活感を出したが、ただありがたいと言われるだけだった」(24歳/金融・証券/専門職)

・「実家暮らしの彼に一人暮らしの私の家の合鍵を渡して、あわよくば入りびたりになってくれれば……と思っていたけど、結局数回しか来なかった」(33歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「子どもの名前どうする?と話したが、スルーされたこと」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

私と結婚したらこんな家庭になるという雰囲気を演出して、結婚したいアピールをしたという女性もいるようです。でも、彼にお弁当を作ってみてもただ単に感謝されるだけだったという人やいきなり子どもの名前についての話を振ってはみたもののスルーされたという人もいて、彼の気持ちはイマイチ確認できなかったみたいですね。

友だちの結婚をダシに

・「遠まわしに、あの人が結婚したんだってとか言っても相手は気づかなかった」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「まわりの子がどんどん結婚しているんだけど、と言っても話を進める気無し」(26歳/電機/事務系専門職)

・「友だちの結婚式に行ったときの写真を見せたけどスルーでした」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

結婚を意識し始めるきっかけの一つとして、友だちの結婚式に出席するというのがありますが彼にも同じように感じてもらおうと友だちの結婚をダシに使った女性も。「●●ちゃん、結婚するんだって」といっても気付かず、友だちの結婚式の写真を見せてもスルー。彼が鈍いのか、その話を避けようとしているのか判断が難しいところですね。

結婚する気持ちが固まっていない男性をあまり急かすと余計に結婚に対して消極的になることもあるようですが、まだまだ遊びたいと思っている男性の中には、彼女から何も言わないのをいいことに結婚を先延ばしにしている人もいるそうです。結婚自体は少し先だとしても「この人と結婚する」という気持ちを固めさせることが大事ですが、思ったよりも結婚したいアピールに無反応な男性は多いみたい。一度で諦めず方法を変えて再チャレンジするしかないのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数176件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年10月01日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE