お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女子的おしゃれ時間

仕事もおしゃれも「デキる」って思われたい! 職場で「おしゃれだな」と思う女子の特徴3選

ファナティック

普段接することが多いと言えば、会社員なら職場の先輩や上司、同僚、後輩。できれば「あの人、仕事もできるしおしゃれだな」と思われたいですよね。というわけで、今回は働く女性に「おしゃれだな」と思う職場の女性の特徴について聞きました。

自分のことを熟知している

・「自分に似合う服をよく知っている。ほどよく清楚なストレートなタイプのワンピースを着ていて、こんなステキに着こなせるのだと感心してしまった」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「自分に合っているものを着ている。背が低い人がかわいい服を着ている」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「自分に合った服を着ている人。自分に合った服や色、髪型を熟知している人は何をしてもおしゃれだと感じる」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分をわかっている。年齢や体形に合ったものを着ている」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

おしゃれな感性に必要なことは、「自分に似合うものを知っていること」。どんなものが流行っていても、自分に合っているか判別できなければ、ただ流行に流されるだけの人になってしまいます。本当のおしゃれさんは、流行の中から、自分に似合うものを選別する能力があるのです。

小物づかいがうまい!

・「小物がおしゃれ。ネックレスやヘアアレンジで同じ洋服を雰囲気を変えて着こなしている」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「アクセサリーが凝っていたり、上質で品のいいものを身に着けている。着ている服がシンプルでも、大粒のビジューのピアスなどでアクセントをつけていると、華やぐ」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「小物を取り入れて自分に似合うオフィスカジュアルにしている先輩。靴やアクセサリーでその人らしさが出ていたから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ネックレス、シュシュ、など小物の使い方がうまいこと。同じ服のように感じさせない」(24歳/食品・飲料/専門職)

服装だけではなく、小物にも気を配れてこそ、おしゃれさんというもの。服装はかっちりめだけれど、アクセサリーで女性らしい甘さを出すなど、トータルコーディネートがうまいんですよね。

着回しのプロ

・「一週間、服がかぶらないように着こなしている。服だけでなく雰囲気もまったくちがうコーディネートをしているとおしゃれだと思う」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「着回し上手。枚数が多いわけじゃないけど、組み合わせを変えてバリエーションを増やしているので」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「いつもちがう服を着ているように見える。ありえないけど毎日ちがう服を着ているように見せる錯覚」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「着回しがうまい。少ない数の服でも、たくさん服を持っているように見えるので」(26歳/学校・教育関連/その他)

一週間のうち、ほとんどを過ごす職場。毎日ちがう服を着るわけにはいきませんが、できるだけ「あ、また同じの着てる」とは思われたくないですよね。着回しが上手な人は、「あれ、毎日ちがう服のような気が……」とまわりに錯覚させる腕を持っています。見習いたいですね……。

ほぼ毎日行く職場だからこそ、おしゃれには気をつかいたいもの。たくさん数を持っていなくても、小物や着回しで工夫はいくらでもできます。むしろその工夫がおしゃれ力なのかも……。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数148件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]