お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

まじ!? 8割の男性は結婚相手について親の意見に……

ファナティック

結婚は当事者同士の問題という気持ちはあるものの、やはり昔ながらの「家同士の結びつき」という考え方も完全に捨てきれない。彼女との結婚を親に報告したときにもしも反対されたら男性たちの気持ちって揺れ動いてしまうのでしょうか。今回は、結婚を親に反対されたときの男性の正直な気持ちについて聞いてみました。

Q.結婚相手について、両親から意見されると、気持ちが揺らぐと思いますか?

「はい」20.0%

「いいえ」80.0%

親に反対されたとしても結婚する気持ちは揺らがないという男性が圧倒的に多いようですが、2割の男性は気持ちが揺らぐかもしれないと回答しているようです。では、どうして揺らいでしまうのか理由を聞いてみましょう。

一番信頼できる人だから

・「自分だけで考えるのは難しいので、一番信頼できる人のアドバイスを聞ければ安心できる」(28歳/情報・IT/技術職)

・「癖のある性格ながら、(それ故か)人を見る目についてはかなり信頼出来るから。説得を兼ね、じっくり話し合う機会くらいは持ちたくなってしまう」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「両親が意見するということは親が彼女に納得していないということなので、このまま結婚するなると今後の関係も考えて揺らぐ気持ちはあると思う。納得するまでがんばる」(30歳/人材派遣・人材紹介/その他)

両親は人生の先輩でもあり、自分にとって一番信頼できる人だからその両親に反対されると色々と考えてしまうという男性も。ただ、そこで結婚をあきらめるのではなく、納得してもらえるように話し合いをする、説得するという気持ちを持っていてくれているのは女性にとっても救いになりますね。

次に、両親に意見されても気持ちは揺らがないと回答した男性にも理由を聞いてみました。

自分のことは自分で決めたい

・「自分の将来は自分で決めたいので、自分がいいと思ったらそれを貫くから」(29歳/不動産/その他)

・「両親がなんと言おうと、自分がずっと一緒にいるわけだから、もっとも尊重するべきなのは自分の考えです」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「結婚は本人の問題であって両親は関係ないから」(35歳/建設・土木/技術職)

結婚は自分の問題なので、両親に反対されたからといってそれを聞き入れることはないということのようです。自分の将来を決めるのは自分自身、自分のことは自分で責任を持つのだから結婚についての判断も人からとやかく言われたくないということのようです。誰の意見でもなく大事なのは自分の気持ちということですね。

彼女が好きなら揺らぐはずがない

・「自分が結婚したいと決めた人なら揺らがないと思うから」(31歳/情報・IT/技術職)

・「好きなものは好き」(24歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「揺らぐなら迷ってる証拠だと思うから」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

両親に反対されたからといって気持ちが揺らいでしまうのは、自分自身の中にも迷いがあるからだという男性もいます。彼女のことが好きで、本当に結婚したいと思っているのなら人から反対されたくらいで考え直すことなんてできないはず。好きな人は誰に何と言われようと好きですもんね。

結婚相手について両親に意見されたら気持ちが揺らぐという男性も2割ほどいるようですが、その男性たちも説得に努めるということのようなので実質的には両親からの反対はあまり結婚には影響しなさそう。ただ、両親がどうして反対しているのかということを逆に彼に納得させてしまうこともないとはいえません。彼の両親に媚をうって気に入られる必要はありませんが、上手くやっていけないと判断されると反対を押し切って結婚したとしても苦労しそう。どうせならちゃんと納得して、祝福してもらいたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数130件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE