お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

それでも彼を愛せますか? 「知りたくなかった!」彼氏の秘密3選

ファナティック

好きな人のことなら、何でも知りたくなるもの。でも、知ってしまってから「ああ、知らなきゃよかった……!」と後悔することも少なくありません。誰しも、人に言いにくい過去や癖、趣味のひとつやふたつ、あってもおかしくはないですよね。そこで今回は、世の女性たちに、知ってしまって後悔した彼氏の「秘密」について聞いてみました。

恋愛遍歴にショック!

・「付き合ってきた人数。けっこう多くてびっくりした」(32歳/不動産/専門職)

・「元カノと同棲していたこと。同棲経験があるとは知りたくなかった」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「過去に既婚者の女性とお付き合いしていたこと。若気の至りとはいえ、聞いたときは驚いた」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「かなり年を重ねていたが、これまで交際経験がなかった。いろいろ不慣れなので少々面倒だから」(32歳/その他/クリエイティブ職)

好きだからこそ、彼が今までどんな恋愛経験をしてきたか気になるものですが、必ずしも自分の理想通りの過去を持っているとは限りません。特に、「不誠実なのかもしれない」と思うような過去があると、ちょっと今後の付き合いを考えてしまいますよね。

金銭感覚は大丈夫?

・「借金してた」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「マルチ商法にどっぷりなこと。ドン引きして別れた」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「FXで失敗していた」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

聞いてしまうと、ネガティブな印象を抱かざるを得ない内容も。過去のことだったとしても、やっぱり気になってしまいます。

その趣味、どうなの!?

・「秋葉原でオタクと一緒にオタ芸をしたことがあると聞いて、引いてしまった」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「エロいビデオや雑誌をたくさん持っていた」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「けっこうアイドル好きだったこと。ちょっと印象がマイナスになった」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「電車オタクだった」(27歳/学校・教育関連/専門職)

趣味は人それぞれではありますが、あまりの傾倒ぶりだと、いくら好きな人でもドン引きしてしまうことも。趣味を共有できないのは仕方ないとして、せめて理解できないと、関係は長続きしません。

恋する女性なら、「彼のこと、全部知りたい! 理解者になりたい!」と思うのは当然のこと。しかし、本当にすべてを知ったとき、あなたはその愛情を保ち続けることができますか? 彼の秘密を暴くときは、「もしかしたら関係が終わってしまうかも」という覚悟を忘れずにいたほうがいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数187件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE