お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マイホームって、みんなの夢じゃないの!? 女性は結婚をしたら家を購入したいと思う?

ファナティック

結婚したら「自分の城」と呼べるマイホームを買いたい。そう考えている人は少なくないでしょうが、一生で一番高価だろうマイホームの購入はそんなに簡単に決心できるものでもありませんよね。それに、ライフスタイルによってはマイホームを買えない事情もいろいろありそう。今回は、結婚後のマイホーム購入について、女性たちの考えを聞いてみました。

Q.結婚をしたら家を購入したいと思いますか?

第1位 「マイホーム派」……44.2%
第2位 「そのときにならないとわからない」……33.1%
第3位 「旦那様による」……12.4%
第4位 「賃貸派」……10.4%

マイホームを購入したいと思っている女性が4割以上と最多になりました。では、それぞれの回答の理由を聞いてみましょう。

■第1位「マイホーム派」
・「一生家賃を払い続けるなら、そのお金で自分の資産になる家を買ったほうがいいと思うから」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「賃貸は老後も家賃の心配があるが、マイホームならそれまでにローン返済することも可能だから」(31歳/小売店/販売職・サービス系)
・「いつか引っ越すと思うと、その家にあった家具を買うのを躊躇し、結局快適な居住空間にならないので」(28歳/学校・教育関連/専門職)

ずっと家賃を払い続けていても、賃貸ではいつまで経っても自分たちの手元に残る資産はゼロ。それなら子どもに財産として受け継ぐこともできるマイホームを購入したほうがお得と考えている女性は多いようです。老後に家賃の心配をしなくてもいいというのも心強いですよね。

■第2位「そのときにならないとわからない」
・「相手次第なところもあるから。転勤族ならそれに合わせないといけないかもしれないし」(31歳/電機/事務系専門職)
・「現在結婚して賃貸マンションに住んでいるが、会社の負担があるため、買うよりも負担が少ない。主人が転職した場合は、購入する可能性も出てくる」(25歳/その他/その他)
・「マイホームはほしいと思うけど、兄が結婚して既に家を買ってしまったから、もしかしたら将来今住んでる家や祖父母が住んでる家をそのまま相続できないだろうか、と思ったりもしてるから」(28歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

どんな人と結婚するかわからないし、自分自身の考え方が変わる可能性もあるという人はマイホームを購入するかどうかについても決めかねているようです。実家の家を相続できる可能性があるという場合には、下手にマイホームを購入してしまうと実家の処分も大変だし。無駄な出費になるかもしれませんよね。

■第3位「旦那様による」
・「今の仕事を続けている間は家賃補助が大きく、転勤族なので家を買う必要がなく、主人は老後に実家に帰りたいようなので、マイホームを買うことはないと思います」(26歳/その他/営業職)
・「昔から実家もマンション住まいだったから一軒家はちょっと怖い。でも、旦那がマイホーム派ならそれに合わせる」(28歳/機械・精密機器/その他)
・「旦那様との収入によって、住むところなど含めて総合的に判断したい」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

結婚相手にどのくらいの収入があるのか、転勤の可能性がある会社に勤めているのかなど、旦那様の都合によってマイホームを購入するか賃貸に住み続けるのかを決めたいという女性も。マイホームを購入するとその土地から動けなくなるので、老後は地元に戻りたいという意志を持っている旦那様なら、早々にマイホームを買うのは難しいかもしれませんね。

■第4位「賃貸派」
・「何かトラブルがあったときに、フットワーク軽く動けるように」(26歳/情報・IT/事務系専門職)
・「夫の転勤や子どもの人数など、不確定要素があるから賃貸のほうが身軽でいい」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「これから先、考え方の変化や天災など含めて何があるかわからないから」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

家賃の負担はあるものの賃貸で一番気楽なのは、動く必要があるときにも身軽なこと。転勤、近隣とのトラブル、家自体の問題などがあってもマイホームだとカンタンに引っ越しすることもできませんもんね。自分ではどうしようもない天災なども考慮すると、マイホーム購入に慎重になるのもわかる気がします。

マイホームがほしいという気持ちはあっても、旦那様の仕事の都合や子どもの人数など不確定な要素があるうちは慎重にならざるを得ない。安い買い物ではないだけに、簡単に決断できず悩むという女性が多いのは、仕方がないことですよね。ただ、夫婦が力を合わせてマイホームを購入するという目標を持つことは、貯金や普段の生活での節約などにも役立つこと。いつかマイホームを買うかもしれないという気持ちで、お金だけでも貯めておけば、無駄になることはないですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数242件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年09月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE