お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「あれは海の高揚感がみせた幻だと思う」夏に知り合った男性とのその後とは……

ファナティック

「ひと夏の恋」なんて言葉があるくらい、夏の間って開放的な気分も手伝って男性との出会いが増える季節ですが、素敵な男性と知り合っても夏が終わった瞬間にフェードアウトということも少なくありませんよね。夏に行った旅行先やイベントで知り合った男性と涼しくなってから再会しても同じ気持ちを持ち続けられるのか。今回は、「夏の出会いのその後」について女性たちに聞いてみました。

気持ちが冷めるのは一瞬

・「夏フェスで知り合った異性としばらく交際したが、すぐに別れた」(24歳/その他/事務系専門職)

・「テンションあがって好きかも!とか思って離れてる間LINEとかしてたけど、3カ月後また会ったらこんなに背小さかったっけ? こんな顔だったっけ?とか一気にさめた」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

夏フェスで知り合った男性と付き合ってはみたものの短期間で気持ちが冷めてしまった。会えない間にLINEで連絡は取りあっていたけれど数か月後に会ったら全然イメージが違って一気に冷めたなど夏に知り合った男性に対する気持ちって、冷めるまでの期間もかなり短いようですね。

所変われば人変わる

・「短期のバイト先で知り合った人がすごくかっこよく思えたが、後日あったらなんでかっこよく思ったのか心から不思議だった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「海で出会った細マッチョなイケメン。街で会うと、服装がとてもダサいうえに、イケメンでもなかった。あれは海の高揚感がみせた幻だと思う」(26歳/その他/その他)

海で知り合ったときには細マッチョなイケメンだと思っていたのに、街で会うととにかくダサいうえにイケメンでもなかった。何でそんな勘違いをしてしまったんだろうと不思議に思った女性もいるようです。夏の暑さで、脳みそが変な書き換えをしてしまったのでしょうか。

海外マジック

・「留学中に告白されて仲良くなったが、帰ってきて一瞬でさめて無視してしまった」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「サイパンで出会った男の人と連絡先を交換し、日本であったとき、思ったよりときめかなくて、旅先マジックだと思った」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「海外旅行中に知り合った人と日本に戻ってきて少し期間が空いて会う事に。会った瞬間に『あれ? こんな顔だったかな……』と思うところから始まり……最後には『海外マジックだったのか……』と思わせる冷めきったデートだった」(28歳/機械・精密機器/その他)

非日常的な空間である旅行先。しかも海外ならテンションも上がっているし見るもの聞くものすべてが目新しい。そんな中で出会った男性は、「この人しかいない」と特別な存在に思ってしまっても仕方ないかも。でも、日常に戻ると素敵だったはずの男性もただの人。海外マジック恐るべしですね。

ひと夏の恋がずっと続くという人ももちろん少なくはないのでしょうが、気分が盛り上がった中で出会った男性への気持ちが一瞬で冷めてしまうというのも珍しいことではなさそう。女性がそう思っているように男性の方も「あれ? こんな子だっけ」と感じているかもしれませんが、それだけ非日常的な空間と夏の開放感は人を無防備にしてしまうもの。出会いに臆病になる必要はありませんが、涼しくなった秋での再会にがっかりしすぎないように気をつけましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数206件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]