お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女の本音! 結婚するなら、サラリーマンor自営業or主夫?

ファナティック

若いころの恋愛なら、それほど深く考えなかった彼の職業ですが、結婚を視野に入れるとなるとやはり気になってしまうものです。理想の結婚相手のタイプを、社会人の女性に聞いてみました。

Q.結婚するならどのタイプ?

「サラリーマン」……91.4%
「自営業」……8.1%
「主夫」……0.5%

9割を超える女性が、サラリーマンの男性と結婚したいと回答しました。そして、主夫と答えた方がわずか0.5%……。それぞれの理由と、それにまつわるエピソードを聞いてみました。

■サラリーマン
・「父親もサラリーマンなので、普通の家庭にあこがれるから」(26歳/自動車関連/事務系専門職)
・「自営業は何かと苦労が多いことを、自分の父がそうなのでよくわかっているし、自分で稼げない甲斐性無しでは、尊敬できないので結婚はできない。金額は問わないが、せめて自分自身の面倒は見られる程度の収入がある人と結婚したい」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「給与制でバリバリ仕事をしてくれる男性がいい」(30歳/医療・福祉/専門職)

サラリーマンを選んだ女性の多くが、安定していることを理由に挙げていました。やはり、毎月決まった収入があって、それに合わせた支出で将来的に不安のない生活を送りたいという安定志向の女性が多いようです。

■自営業
・「お金持ちの人で、自分の会社経営してる人がいい。かっこいいイメージなので。主夫は無理です」(27歳/小売店/販売職・サービス系)
・「自営のほうが苦労も多そうだが収入がよさそうだし、時間も自由に使えて効率よく仕事をしているイメージがあるから。」(28歳/機械・精密機器/その他)

男のロマンに魅力を感じたり、刺激を求める女性にとっては自営業の男性はとても魅力的に映るようです。経営がうまく行けば、サラリーマンの比ではないほどの財を築くことも可能な自営業の男性は、ハングリー精神旺盛な女性と相性がいいタイプでしょう。

■主夫
・「自分が仕事で忙しいから」(25歳/学校・教育関連/専門職)

結婚しても仕事を辞める気がなく、むしろどんどんキャリアアップしていきたい女性にとっては、家事をすべて引き受けてくれる男性はありがたい存在です。相手の男性よりも高収入の女性なら、むしろこのほうが効率的かもしれません。

多くの女性が選ぶサラリーマンも、必ずしも安定しているとは限りません。明日、解雇になってしまうかもしれないし、会社が倒産する可能性もあるのです。理想は理想として、万が一のリスク管理もしっかりできる男性と結婚するのがベストな選択かもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数197件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE