お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 オンナのボディ

そんなムフフな楽しみも! 人間ドックに行った際の「唯一の楽しみ」を聞いてみた

藤瀬恵里香

どんなに短くても半日は潰れてしまう「人間ドック」。自分の健康のためとはいえ、中にはしんどい検査もあるし、億劫ですよね。できれば受けたくない、と思っている人もきっと多いことでしょう。しかし、そんな面倒な人間ドックにも、みなさん一つは「お楽しみ」があるそうです。そこで今回は、世の女性たちに、人間ドックに行った際の「唯一の楽しみ」について教えてもらいました!

仕事を休める!

・「平日に仕事を休めること」(28歳/金融・証券/営業職)

・「仕事の時間に、仕事以外のことをしている」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「違う日常を味わえる」(32歳/不動産/秘書・アシスタント職)

・「人間ドックを受診した日は有休のため解放的になる」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

人間ドックに行く日は大概平日。会社の指示で受けるのですから、きちんと有給を取ることができます。平日に堂々と休めるって気分が良いですよね。

健康の確認!

・「自分の健康状態がわかるので美容に役立つかも。でも結果が悪いと楽しくない」(24歳/食品・飲料 /技術職)

・「自分の不健康具合がわかる瞬間」(30歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

・「自分の体を知ることができるところ」(33歳/医療・福祉 /専門職)

人間ドックのメインは、自分の健康状態を知るコト。お医者さんに「あなたは健康だよ!」と太鼓判を捺されたら、大腕を振っておいしいものを食べたり、お酒が飲めたりしますよね。

検査後に……

・「検診後にお菓子がもらえるところ」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

・「終わった後に、好きな物を飲食する際」(24歳/その他/事務系専門職)

・「終わった後の食事」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「最後にジュースが貰える」(32歳/その他/その他)

長くてつらい検査が終わった後に、ジュースやランチのサービスがあるところも多いです。ほんのすこしのご褒美で、ちょっぴり人間ドックが楽しいものになるかもしれませんね。

つらいばっかりで何にも楽しみがない!!という人もいる人間ドック。しかし、探せば、一つくらい「楽しい!」と思えるものがあるかもしれません。自分の健康のために、ぜひ次回の人間ドックに挑んでください!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数150件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]