お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

これさえ知っておけば夫婦円満!? 女子が未来の旦那に手伝って欲しい家事ランキング! 2位「食器洗い」

ファナティック

旦那に手伝って欲しい家事は?外で働くのは男の仕事、家事や育児は女の仕事という価値観が崩壊しつつある昨今、旦那さんには家事を手伝ってほしいと望む女性も多くなってきました。そこで今回は数ある家の仕事の中でも、もっとも旦那さんに手伝ってほしいことを、社会人の女性に聞いてみました。

Q.未来の旦那には家事のなかでどれを手伝ってほしいですか?(複数選択)

1位「掃除」58.4%
2位「食器洗い」38.8%
3位「料理」37.4%
4位「洗濯」28.5%
※その他を除く

掃除を手伝ってほしいという女性がもっとも多い結果となりました。それぞれの理由を見てみましょう。

■男性の力も必要

・「掃除/できないところの掃除を手伝ってもらいたいので」(25歳/その他/その他)

・「掃除/物を動かすのに力がいるので」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

重労働を女性が行うことに難色を示す女性の意見です。毎日の掃除機かけは問題なくても、大掃除ともなれば男性の力や身長が必要な場面が多々あります。手が届かないところは無理せずに旦那さんを頼りたいですよね。

■ついつい後回しになってしまう

・「食器洗い/後片付けは面倒なので、やってくれるとうれしい」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「掃除・食器洗い/汚いところを触りたくないからです」(25歳/ソフトウェア/技術職)

掃除の次に多かったのが「食器洗い」。食べた後はあまり動きたくないためついつい後回しにしがちな「食器洗い」ですが、旦那さんが率先してやってくれたら……そんなふうに思う女性は多いようです。

■自分の苦手分野だけ手伝って

・「洗濯・掃除/料理ができすぎる男性は細かくて潔癖なイメージを勝手にもってしまうので、イライラしてしまいそう。掃除とかは個人的に苦手分野だと自覚しているので」(28歳/生保・損保/その他)

・「洗濯・掃除・食器洗い/料理は好きだから、それ以外を手伝ってほしい」(28歳/金融・証券/営業職)

こちらは自分の好きな家事は自分がやるから、嫌いな家事を旦那さん分担にしたいという意見。気持ちはわからなくもないですが……。ただ苦手な家事を旦那さんが好きで率先してくれる! なんてことだったら嬉しいですよね。

■自分の後始末は自分で

・「掃除・食器洗い/子どものお手伝いにもなるような簡単なものだし、普通は自分の分は自分でやるような家事とも言えない家事だから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「食器洗い/自分の使った食器ぐらいは洗ってほしいから」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

まとめて家事をするのは、一見効率がいいように思えますが実は必要以上の時間がかかり、精神的な負担も大きくなります。家族といえども、自分のことは自分でやるという意識があれば、1人に家事の負担がかかることは避けられますよね。

しっかりと1つ1つの家事を分担することも悪くはありませんが、家庭生活でもっとも大切なのは相手を思いやる気持ち。パートナーが「疲れているな」、「顔色が悪いな」と思ったら「手伝おうか」という声が掛けあえる関係を築いて、お互い気持ちよく家事分担できるのが理想ですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答件数214件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]