お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

やべぇ、ときめきが止まらない! 男性に聞いた「女子に不意打ちされてドキッとしたこと」5つ

ファナティック

お付き合いで怖いのがマンネリ化。デートの行き先はいつも男性にリードしてもらったり、何か話したときのリアクションが薄かったりするときっと飽きてしまいますよね。男子をドキッとさせるような不意打ちはないものでしょうか?

■急にタッチする

・「おでこを触られた」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「お尻を触られる」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ほっぺに冷たいジュースをぺたっ」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

急にいつも触られない場所をタッチされると驚きますよね! 冷たいジュースのように、思いがけない感覚が触れると余計にドキッとしまいそうです。

■後ろから○○する

・「いきなり背後から抱き付かれてドキッとした」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「後ろから目隠し」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「後ろから驚かされた」(30歳/情報・IT/技術職)

正面からではなく、後ろからしてみるだけでサプライズになります。相手に気づかせずに接近するところが重要ですね。触れ合う距離感にもドキドキしそうです。

■突然登場する

・「いきなり家に来られてビックリしたけどうれしかった」(22歳/情報・IT/技術職)

・「待ち合わせのときに後ろから来て、急に声をかけられる」(32歳/電機/技術職)

・「帰りに待たれていてドキッとしたことがある」(39歳/情報・IT/技術職)

急な登場で彼の心に急接近! こういう遊びもいいですね。予想外の行動に、気持ちの面でぐっと距離が縮まりそうです。

■意味ありげに触れてくる

・「タクシーに乗ったときに隣で、手の甲をそっと触れさせてきたこと」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「手を握られた。友人宅での泊まりで、大の字で横になっていたら後輩女子が自分の腕を枕にして寝てきた」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「膝に手を置かれる」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

ただ触れるのでなく、ここぞというときに触れるのがコツです! 男性に「何か意味があるのでは?」と感じさせたらこっちのものですね。

■○○をくれたとき

・「ちょっとした心遣いをされるとドキッとさせられる。例えば服に付いたゴミをとってくれるなど」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「首にリボンをつけて、プレゼントと言われた」(28歳/自動車関連/技術職)

・「突然ちょっとしたプレゼントとかもらったらドキッとします」(35歳/通信/事務系専門職)

言葉だけでなく、気持ちがこもったモノをもらえるとうれしいですよね。突然のプレゼント、というサプライズ的要素も重要なポイントのようです。

男子が女子に不意打ちされてドキッとしたことを見てきました。いかがですか? マンネリ打破にも、お付き合いを始めるきっかけにも、何かしら驚きがあると効果的ですよね。心に残るサプライズを演出してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年5月にWebアンケート。有効回答数112件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]