お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 6人の眠り姫

次の恋が忘れさせてくれる!? 女性たちが「失恋から立ち直ったきっかけ」3選

ファナティック

大好きだった人に振られてしまったらしばらくは立ち直れないし、新しい恋なんてできないと思ってしまうほど落ち込んでしまうのは誰だって同じ。でも、そう思ってはいても本当にずっとそのままひとりという人はまずいませんよね? では、どんなことがきっかけになって失恋から立ち直ることができていつも通りの自分に戻れたのでしょうか。女性たちにそのきっかけを聞いてみました。

■時間が過ぎるのを待つ

・「きっかけはなく、時間経過とともに立ち直っていった」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「ただ時間が過ぎるのを待つ」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「時間が忘れさせてくれる」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

どんなに悲しいこともツラいことも時間とともに薄れていくもの。失恋のツラさも時間が経てば自然に忘れてしまって立ち直れたという女性は多いようです。落ち込んだときに無理に明るく振る舞おうとしても余計に寂しくなるだけ。ただ、じっと時間が過ぎるのを待つしかないということのようですね。

■新しい恋がはじまったとき

・「やはり新たに好きな人ができたら完全に立ち直れると思う。一度何年も引きずったことがあるけれども、好きな人ができてあっさり忘れられた」(25歳/その他/その他)

・「合コンや飲み会にひんぱんに参加してほかにいい人を見つけて立ち直る」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「次に彼氏ができると、その人に夢中で昔のことを思い出さなくなる」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

彼氏に振られた悲しさを癒してくれるのは、次の彼氏とのステキな出会いという女性も。何年も引きずった失恋の思い出も新しく好きな人ができたとたんにあっさり忘れることができるようです。合コンや飲み会などに積極的に参加することで気分転換にもなるうえに、新しい彼氏との出会いのきっかけになりそうですね。

■ほかに興味のあることができたとき

・「仕事や趣味などでほかにやりたいことができたとき」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「相手がバカすぎて、なんであんなのと付き合ったんだ……と凹んだときがあったけど、凹む暇あったら自分磨きしようと資格勉強して立ち直った」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「現実逃避で旅に出た」(30歳/医療・福祉/専門職)

仕事や趣味などに打ち込むことで失恋のツラさから立ち直ったという女性もいます。振られたあとに彼氏の嫌な面などを思い出してしまうのなら、別れてよかった、凹んでいる暇があったら自分磨きをしようと前向きに考えることで立ち直るきっかけをつかめるかも。旅行に行ってちがう環境に身を置いてみるというのもよさそうですね。

失恋から立ち直るきっかけになるのは、振られた彼氏のポジションを埋めてくれるような新しい彼氏か、それと同じくらい夢中になれる趣味や仕事ということのようですね。確かに、新しく好きな人ができたら振られた相手のことを考えて悲しんでいる暇なんてなさそう。恋愛で傷ついた心を癒すのもやっぱり恋愛なんですね。失恋から立ち直るまでの期間は次の恋愛の準備期間だと思って、無理に立ち直ろうとしなくてもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数182件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]