お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 6人の眠り姫

今思い出しても胸が熱くなる! 女性たちの「大恋愛」の思い出3選

ファナティック

もう二度とあんな恋愛はできないかもしれないと自分でも思うほどの過去の「大恋愛」。情熱も時間もすべてを注ぎ込むような恋愛を一度でもしてしまうと、その後の恋愛に物足りなさを感じてしまうことってありませんか? 今回は、女性たちの過去の大恋愛のエピソードを集めてみました。

■遠距離恋愛

・「イギリス留学したときに現地の人と恋愛したけど、ビザの問題とかで結婚しようかとか、帰国したあともしばらく遠距離恋愛を続けてお互い会いに行ったり、なかなかない恋愛だった」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「山形との遠距離で、電話代も交通費もすごくかかったけど、毎日まめに連絡をとっていたから」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「北海道から東京の遠距離恋愛で3年続いた」(27歳/食品・飲料/営業職)

物理的な距離が離れると気持ちが離れてしまうことも多いと言われる中、遠距離恋愛で大恋愛を経験したという女性もいるようです。イギリスと日本、北海道と東京など会いたいと思ってもすぐに会いに行ける距離ではないだけに、お互いに信頼し合うということが何よりも大事ということを学べた恋愛でもあるでしょうね。

■周囲の反対で別れた

・「お互いに好きだったのに、両親の反対で別れてしまった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「元彼とは10年以上一緒にいたのにあっけない別れだった……結婚の話が出たら元彼のママがNOを突きつけてきた……」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「合コンで初めて会ったときにお互いがこの人しかいないと感じて、好きすぎてお互い学業や仕事が手につかなくなってしまった。それを見かねた友人からお互いがダメになる恋だよと言われて目が覚めて、少しずつ距離ができてしまった」(30歳/医療・福祉/専門職)

大好きな人との付き合いを友だちや親から反対されるのってツラいですよね。反対される理由もいろいろあるでしょうが、好きな気持ちを残したまま別れないといけないというのは別れたあともかなり気持ちを引きずりそう。10年以上も付き合っていたのに彼ママからNGが出ただけであっけなく別れてしまったという女性は「この10年を返して!」と言いたくなっても不思議じゃありませんね。

■長い間付き合えた

・「会わない期間があったり、遠距離になったときがあったりしたけれども、7年ほど付き合った人がいた。大好きだったけれども、すれちがいから別れることになった」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「学生のときにサークルで付き合っていた彼氏とは10年も続いていて、何をしていても楽しかった」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

若いころの恋愛は比較的短いサイクルになりがちですが、10年近くも続いた彼との恋は大恋愛だったと思い返す人もいるようです。何をしていても楽しかった、どんな思い出の中にも彼がいてよかったと思えるような恋愛が若いうちにできたというのは貴重な経験かも。次の恋愛も長く続くといいですね。

長く続いた遠距離恋愛が大恋愛の思い出として残っている女性もいれば、結婚まで考えていたのに別れはあっけなかったという恋愛が大恋愛の思い出だという女性も。今となっては、懐かしい思い出として冷静に振り返ることもできるでしょうが、その当時は寂しさややりきれない気持ちでいっぱいだったでしょうね。最後には別れてしまったとしても大恋愛だったと言える思い出があるのって、何となくうらやましい気もしますね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数182件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]