お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男性人気が高いのはどっち? 専業主婦希望の家庭的女子orガッツリ稼ぐキャリアウーマン?

ファナティック

結婚後の生活と仕事のバランスに悩む女子は多いものです。「専業主婦希望!」という女子もいれば、「キャリアを諦めたくない……」という女子も。こんなときに気になるのが、男性が結婚相手に選びたいタイプの女性です。ズバリ、「専業主婦希望」と「キャリアウーマン希望」なら、男性ウケがいいのはどちらなのでしょうか。

Q.専業主婦希望の家庭的女子と家事は不得意だがガッツリ稼ぐキャリアウーマン、結婚するならどっち?

 「専業主婦希望の家庭的女子」……51.9%
 「家事は不得意だがガッツリ稼ぐキャリアウーマン」……48.1%

ほぼ半々に分かれましたが、僅差で「専業主婦希望の家庭的女子」が高い結果となりました! では、それぞれの魅力についても、チェックしてみましょう。

<「専業主婦希望の家庭的女子」派の意見>

■時間的な余裕
・「仕事が忙しい女性だと、すれちがいの生活が続きそうだから」(27歳/情報・IT/技術職)
・「家庭を任せて仕事に集中したいから」(26歳/農林・水産/技術職)

夫婦のすれちがいを防ぐため、また家事に専念してもらうため、という男性意見が目立ちました。いつでも優しくしてほしい、快適な場所を用意してほしい……。こんな願望の表れなのではないでしょうか。

■将来を見据えて
・「子どもができたら専業主婦になってもらいたいので」(33歳/機械・精密機器/技術職)

将来子どもができたときのことを考え、専業主婦を希望する男性もチラホラ。共働きでも子育てはもちろん可能ですが、負担はかなり大きくなってしまいますからね。
次に、キャリアウーマン女子の魅力も語っていただきましょう!

<「家事は不得意だがガッツリ稼ぐキャリアウーマン」派の意見>

■お金は大事!
・「家事は後でいくらでも習得すればいいので、とにかく稼いで経済的に安定したい」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「お金があれば、家事は外に頼めるから」(32歳/電機/技術職)

今や、男性がひとりで家庭を支えるのは難しい時代です。「お金さえあれば、生活は安定するはず!」という意見が目立ちました。家事をプロに任せれば、双方の気持ちもラクになることでしょう。

■プレッシャーです……
・「専業主婦をはじめから希望する女って、旦那の稼ぎに文句を言ったりするイメージが強いから。その状況に慣れて、感謝しなくなる」(36歳/機械・精密機器/営業職)

すべての女子がそうだとは限りませんが……ひとりで「大黒柱」を任される男性のプレッシャーは、かなりのものなのでしょう。「私もがんばる!」とともに生計を立てようとする女性のほうが、男性も安心するようです。

■今風!?
・「専業主夫になりたいから」(24歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

非常に今風(?)な、こんな意見もチラホラ。世の中の専業主婦のみなさんから、「そんなに甘いものじゃない!」という声が聞こえて来そうです!?

昔ながらの「一家の大黒柱」を意識している男性と、そうでない方とで意はまったくちがうようです。どんな夫婦生活になるのかは、今はまだわからなくても、結婚する予定の男性とよく話し合って、事前に生活スタイルを共有しておいたほうが良さそうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数106件。22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]