お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

それ、水着じゃん! 男性が「ナシ」判定する女性の夏ファッション3つ

ファナティック

季節感のある服装ができる人は、それだけで「おしゃれだな」と思わせることができますが、中には「何それ?」と聞きたくなるような格好でいる人もいますよね。周囲の人がガッカリしてしまうような服装って? そこで今回は、社会人男性のみなさんに夏の時期「これはナシ!」と思う女性の服装について教えてもらいました。

■露出が多すぎる

・「露出が極端に多い服。『それ、水着じゃないの?』というくらいの露出があった」(32歳/情報・IT/技術職)

・「へそ出しルック。お腹が冷えるし、おへそを出すのは下品だと思う」(29歳/不動産/その他)

・「お尻が半分出たようなミニ丈のボトム。下品」(36歳/機械・精密機器/営業職)

暑いのはわかるけれど、水着かと思ってしまうほど露出度の高いファッションは男性から不評のよう。へそ出しファッションや、お尻が出てしまいそうなマイクロミニも、下品に見えてしまうことも。露出もほどほどにしないとダメだということですね。

■見るからに暑苦しい

・「見た目からして暑いだろうと思う格好。こっちも暑くなるから」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「全身黒づくめ。暑苦しいから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「夏なのに、暑そうなジーパンを履いている」(28歳/情報・IT/技術職)

夏は涼しげなファッションをしてほしいのに、見ているほうが暑くなりそうな全身黒づくめのファッションや、汗だくになってしまいそうなジーンズ姿の女性を見ると「これはないな」と思ってしまう男性も多いみたい。引き締めカラーの黒の服を夏に着るときは、素材などで涼しげに見せる、小物で差し色をいれるといった工夫が必要かもしれません。

■過度な紫外線対策

・「紫外線完全防備。紫外線を防ぎたいのはわかるが、完全防備はやり過ぎ」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「やたら日焼けを気にして手袋とかするのは、見ていて暑苦しい」(29歳/食品・飲料/営業職)

・「長袖・長ズボンで固め、かつ寒色系というファッション。紫外線対策だろうが、そこまで行くと季節感がない」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

絶対に日焼けをしたくないという女性は日傘や帽子だけでなくアームカバーなどで全身防備になりがちですが、暑苦しさとやり過ぎ感で男性からはあまり印象がよくないみたい。肌を露出すると日焼けが心配という女性は、日焼け止めを併用するなどして、一部だけでも肌が露出する部分を作ったほうがいいかもしれませんよ。

夏だからといって露出しすぎても、逆に肌を完全に隠しすぎても、男性からは不評。夏らしく涼しげに見せつつ、肌の露出はほどほどにしてほしいというのが男性たちの希望のようです。白肌を守り抜きたいという女性にとって、夏は洋服を選ぶのも大変な季節ですが、周囲の人に暑苦しいと思われてしまうのはちょっと残念。周囲の男性にガッカリされないためにも、UVカット効果のある素材を使った洋服なども上手に取り入れるなどして、夏らしいお洒落を楽しみたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数103件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]