お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女のお仕事スタイル

残業生活には戻れない!? 働き方を変えたら、得られもの12選「イライラ軽減」「友だちと飲む時間」

ファナティック

女子会昨日も今日も明日も残業……、気がつけば、自分の時間が全然もててないな(涙)と感じることはありませんか? そんな不満を抱えている人が多いのか、最近では比較的、理想的なワークライフバランスを保てる「ハケン」という働き方を選ぶ人もいるようです。そこで今回は、派遣のお仕事経験のある女性たちに「ハケン」で働くことを選んだからこそ、実現できた充実のプライベートライフについて聞いてみました。

■休日出勤と無縁だから、予定が立てやすい!

・「休日の調整がしやすいので、休みを取って海外へ行ったことがある」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「旅行にも行きやすいし、家事も完璧にこなせるから」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「舞台やコンサート、習いごとなど、時間が決まっているものに行きやすい」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「休みの日はきちんと休めるので、旅行の計画を立てやすい」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「事務系だと、土・日・祝日がお休みなので、友だちと遊んだり、同じ趣味で集まった仲間とのサークル活動も参加したりしていました」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

休日がしっかり取れるうえに調整もしやすいということで、長期の休みを取って海外旅行などを楽しめたという女性もいるようです。休日出勤などで旅行の計画がダメになることもないので、早めにお得な旅行の予約もしやすいですよね。

■仕事にもいい影響があった!

・「仕事への精神的負担が少なくなった」(23歳/不動産/事務系専門職)

・「自由に働けてストレスがなかった」(32歳/金融・証券/営業職)

・「仕事のイライラが減った」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「ワークライフバランスが充実している」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

派遣社員として働く以前のワークスタイルと比較すると、ストレスや負担が減って働きやすくなったと感じる人が多いようです。残業や休日出勤などが減り、オンとオフをしっかり区別できることでいいサイクルができ、生活にも気持ちにもゆとりが生まれたのかもしれません。

■アフターファイブって、こんなに楽しいんだ!

・「アフターファイブが自由。残業があんまりないから、友だちと約束しやすい」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「定時には上がれるので、友人との飲み会に参加できる」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「仕事後の時間を楽しく使える」(32歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

ハケンで働いていると基本は定時退社、という方が多いようで、アフターファイブの遊びや習いごとなども自分の好きなように使えるのは魅力的ですね。

仕事に追われて趣味や遊びに出かける時間が持てず、ストレスもたまる一方では、気持ちが滅入ってしまいますよね。ハケンという働き方を選択することで、充実したプライベートを叶えた方もたくさんいるようですので、いまの働き方に疑問を感じているという方は、「ハケン」という働き方を選択肢に入れてみてもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数124件(22歳~34歳の働く女性)

みんなが読んでる人気記事 女のお仕事スタイル