お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

男性が、女性になったら一度やってみたいこと3つ

ファナティック

女性は男性を男性は女性を「うらやましいなぁ」と思ったことが少なからずあるはず。男だから損、女だから損というわけでなくても性別のちがいからくる未知の世界へのあこがれといった感じでしょうか。では、もし自分が今の性別ではなかったとしたらどんなことをしてみたいと思いますか? 今回は「女性になったらやってみたい」ことについて男性たちに聞いてみましょう。

■女性ならではの「おしゃれ」

・「おしゃれ。男性ではできないようなおしゃれをしたい」(30歳/人材派遣・人材紹介/その他)

・「おしゃれして、街歩き。女性らしいコーデをして、人に見てもらいたいから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ガングロファッション。どんな感じなのか試してみたい」(39歳/情報・IT/技術職)

・「毛の処理をバッチリして、肌の保湿をした上で太ももや肩が出るような格好ですれちがう男の反応を感じてみたい」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

洋服やメイクなどでいろいろなおしゃれを楽しんでみたい男性は多いみたいですね。女性らしい洋服を着て街を歩いて男性がどんな反応をするのか見てみたいという人もいるようですが、やってみると「女性ってこんなにジロジロ見られることに耐えてるの?」とビックリするかもしれませんね。

■どれだけ痛いか知りたい「出産」

・「出産経験をしてみたい。どのくらいつらいものなのかを経験してみたい」(27歳/情報・IT/技術職)

・「子どもを産む。スイカが鼻から出るほど痛いというから」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「出産を体験。どれだけ大変か経験したいから」(29歳/不動産/その他)

どんなにがんばっても男性である限りは体験できない「出産」も、女性になったらやってみたいことのひとつだそうです。鼻からスイカが出るほどの痛みって聞いているだけでも嫌ですが、現実には体験できないことだからこそやってみたいもの? 男性なら耐えられないと言われる出産の痛み。一度、経験してもらって女性のすごさを実感してもらいたいですね。

■どんな話をしているの?「ガールズトーク」

・「女子会とは行かないまでも、女子同士の会話を楽しんでみたい。対男性ではあり得ないような、裏のあることも知れそう」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「ガールズトーク。ああいうノリでダラダラとおしゃべりしてみたいから」(35歳/情報・IT/技術職)

・「女子会。どんな話で盛り上がるのか気になるため」(28歳/金融・証券/専門職)

基本的に用件のみを簡潔に話す癖がついている男性にとって、いつまでも喋りつづけていられる女性同士の会話は不思議なもののようで、ガールズトークや女性会をやってみたいという男性も。どんな話で盛り上がるのか、どうすればいつまででも話し続けていられるのかというのは、実際にやってみないとわからないでしょうね。

男性と女性にはいろいろな面で大きなちがいがあるものですが、お互いの性を理解するためにも一度は経験してみたいことというのもあるものですよね。おしゃれして歩いたときに人から見られることに対する気持ちなどは、男性でも似たような体験ができるでしょうがやっぱり女性に対する男性の視線というのは独特のもの。一度でも体験すれば、自分が失礼なことをしていたのか、女性を喜ばせるようなことをしていたのかがわかるかも。実現は難しいですが、相手を理解するという意味では考えることだけでもムダにはなりませんよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数103件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]