お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 夏のおなかトラブル

なんてやさしい人……女子が思わずグッとくる、デート中にオナラをしたときの彼のフォロー言葉

ファナティック

デート中に我慢できずに出てしまった「オナラ」……。女子にとっては恥ずかしすぎる、人生最大のピンチです! 彼の反応が気になるけど、聞くのが怖い! こんなとき、あなたならどう接してほしいですか? 彼の対応として、二重丸だと思う「一言」を教えてもらいました。

■聞こえなかったフリ

・「『聞こえてなかった』と言われる。聞こえていても聞いてないと言ってくれるのはやさしさだと思うから」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「『聞こえなーい』。うれしい」(30歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

ここはひとつ、やさしいうそでお願いします! 本当は聞こえていても、心の中にそっとしまってくれるのが、「大人の男性のやさしさ」ですよね。

■サラリと

・「かわいい音だね。あまり多くを語らず、飾りはいらない。言えば言うほど落ち込みそうだから」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「『生理現象だし気にするな。俺も出ちゃったらごめんね』とフォローしてくれるとうれしかった。彼の優しいフォローに惚れ直した」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「一言つっこんで、その後は触れないでくれるとうれしい。気軽に流してほしいと思うから」(29歳/情報・IT/技術職)

「聞こえないフリ」もうれしいですが、かえって不自然になってしまうことも。こんなときは、サラリと触れて、流してほしいものです。

■笑いに変えて!

・「笑ってくれると助かる。笑われて、『恥ずかしい』と言って照れることで、場が和むから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「俺もしよーっと、と対抗してくれること。自分だけよりかは恥ずかしさが半減するから」(32歳/金融・証券/営業職)

・「『もう一回してっ』。今の彼氏は、オナラをしてほしいみたいでオナラをする度に『もう一回して』『匂わせて』と笑顔でちょっかいかけてくる。でもそれぐらい言われた方が、愛情を感じる」(28歳/機械・精密機器/その他)

むしろ笑い飛ばしてくれたら……! こんな風に感じる女子も少なくないようです。とはいえ、本当に笑い飛ばすなら、「愛情を感じられる笑い」でお願いします。

■気遣い

・「お腹の調子悪い? 体調のせいにできるので」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「調子悪いの?と聞かれるとき。自分の体調を心配してくれているのが伝わってきたらうれしい」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

女子の失敗を温かく包み、大人の気遣いで「逃げ道」まで用意してくれるなんて……! まさにパーフェクトな対応だと言えそうです。こんな一言を掛けられたら、思わずキュンとしてしまうかも!?

■オナラでさえも……

・「かわいい。オナラさえも、いとしく受け止めてもらえていると感じるから」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「めっちゃかわいいんだけど!と逆にほめてほしい。無理だと思うけど。おならまでかわいがってくれたら愛を感じる」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

オナラをしたって、褒めてほしい! ズバリこれが、「女心」です。男性には、「わざとらしいかな?」なんて遠慮せず、勇気を出して実践してほしいですね。

男性にはぜひ、女子の「やっちゃった!」という気持ちを、やさしく包み込むような一言をかけてほしいものです。ピンチのときに理想的な言葉をかけてくれる彼ならば、この先も安心してお付き合いできるのではないでしょうか。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数140件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません