お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 夏のおなかトラブル

ガマンしても、ガマンしても、「ブッ」! 女子必見、デート中にオナラをしてしまったときのかわいいごまかし方5つ

ファナティック

女子だって人間ですから、時には「オナラを我慢できない!」なんてときも、ありますよね。デート中に我慢しきれず、「ブッ」と音を立ててしまったとき……あなたならどうごまかしますか? 絶体絶命のピンチを切り抜けるための秘訣を、女子のみなさんに教えてもらいました。

■擬音作戦!

・「口でぶぶぶー。と鳴らしてみたりしておならのような声を出してしまったと見せかける」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「体を動かす。なんとなくその音でごまかしがきくから」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

もしかしてバレバレなのでは!?と思ってしまう作戦ですが、もしかしたらごまかせる……かもしれませんね。彼女の突然の行動に、彼も何かを察してくれることでしょう。

■恥じらい

・「恥ずかしそうにうつむいてかわいさを出す」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「気づいた?と照れながら聞いてみる」(28歳/ソフトウェア/技術職)

ごまかせているかと問われると、正直微妙ですが……かわいさではダントツ! 女子の恥じらいに弱い男性は多いもの。成功すれば、ピンチをチャンスに変えられるはずです。

■オナラではなく?

・「空気出ちゃった……!とサラッと言う」(27歳/農林・水産/事務系専門職)

女子から出るのは、オナラではありません。ただの「空気」です! 彼にもよーく理解していただきましょう!

■素直が一番!?

・「大問題が起きたかのように固まり、『おならさんが、予期せず出現してしまい申し訳ないです』と平謝りする」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

かわいさを重視するなら、こんな方法もおすすめです。素直に謝れば、きっと彼も許してくれるはず……? そんなこともありますよね。

■とにかく明るく!

・「やっちまったなー(クールポコ風)で笑っておく」(28歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

・「バレバレだと思うので、お互い、謝って、笑いにしてしまう」(32歳/学校・教育関連/技術職)

お付き合いが長くなれば、こんな方法を取るのもアリ!? 彼も明るいタイプなら、気にせず笑い飛ばしてしまいましょう! オナラさえ自然と受け入れられるようになったら、二人の関係が、より深まった証拠かも……!?

ごまかせているような、ごまかせていないような……かわいさだけは抜群の、賢い(!?)切り抜け方はいかがでしたか? 「私は大丈夫!」なんて思わず、ぜひ頭に入れておいてくださいね。きっといつか、役に立つはず……!?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数140件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません