お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 夏のおなかトラブル

女子に聞いた! 体の調子が悪いとき、彼にされてドキッとすることって?

ファナティック

体の調子が悪いときには、なんとなく気持ちまで弱気になってしまうものです。こんなときに、頼りたくなるのが大好きな彼! そっと寄り添ってくれるだけでも満足だけど、もしもこんな行動をしてくれたら、もっと夢中になってしまうかも……!? 体調が悪いとき、彼の行動でドキッとしてしまうことを、女子読者に教えてもらいました。

■定番のオデコ

・「おデコに手を当てて熱を測ってくれる。定番のドキドキアクションだと思うから」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「おでことおでこを合わせて熱を測る。距離が近くて、ますます熱が上がりそう」(31歳/医療・福祉/専門職)

こんな行動に、実は憧れている方も少なくないのでは? あなたは「手」で触れられるのが好みですか? それとも「オデコ」で触れられるのが好きですか? どちらにしても、正確な検温は不可能でしょうね。

■ハンドパワー?

・「優しく腰をたたいてくれる。生理のときに、腰を優しくたたいてくれるとドキッとする」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「さすってもらえること。彼の手は安心できるから」(30歳/電機/事務系専門職)

・「高熱が出たときに手をギュッとしてくれたこと。安心したし、つらさが和らいだ気がするから」(29歳/情報・IT/技術職)

大好きな人の手には、なにか特別なパワーが宿っているのでしょうか。人のぬくもりには、心と体を癒やす効果があると言われています。「ここが痛いからさすってほしい」とオネダリするのも、アリですよ。

■言わなくても……

・「言わなくても気づいてくれるのがうれしい。見てくれている感じがするから」(29歳/自動車関連/技術職)

ちょっと難易度が高い!? こんな意見もありました。何も言わなくてもわかってくれたら、確かに深い愛情を感じます! とはいえ、期待しすぎは禁物かも……?

■食事の用意

・「おかゆを作ってくれた。うれしかった。普段してくれないので」(33歳/医療・福祉/専門職)

体がしんどいときに、もっとも困るのが「食事の用意」です。そこをサポートしてくれる彼は、かなり高ポイント! 下手でも気持ちが伝わります!

■ちがう意味でドキッ

・「アイスクリームをごちそうしてくれる。悪気がないのはわかるが腹痛の原因になるから」(25歳/運輸・倉庫/技術職)

・「ぎゅっとされる。お腹を圧迫されたら困るから」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

普段なら、無条件にうれしい!と思う行動ですが……体調が悪いときには正直微妙! 彼女の反応が悪ければ、彼もきっと気になってしまうはず。早めに本当のことを伝えて、なんらかの対処をしたほうがいいでしょうね。

気遣いを感じられる行動が、女子たちの心をキュンとさせるようですね。自分が体調を崩したときのためにも、彼にさりげなーく、今回の結果を見せてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数140件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません