お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

おうちデートばかりじゃイヤ! カレからどんどんデートに誘ってもらえる魔法の言葉5選

ゆめみん/OFFICE-SANGA

大好きなカレには、いつも「会いたい」と言って欲しいもの。だからといって、おうちデートばかりではつまらないですよね。カレのほうからデートに誘ってもらうには、何かコツがあるのでしょうか? そんな「魔法の言葉」を働く女性に聞いてみました。

■自分の気持ちを素直に言う

・「『行ってみたいな~』と行きたい場所をあらかじめ伝えておく」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「会話で向こうから出た場所に対して、『今度そこ行きたいな』と言う」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「『ここに行ってみたい』とお店やイベントの話を頻繁にしておく」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

彼女にかわいくおねだりされたら、カレだってその場所へ一緒に行きたくなるかもしれません。遠回しではなく、ストレートに言ったほうがうまくいくようです。ここは飾らず、行きたい場所をカレにどんどんアピールしてみてください。

■ときにはつぶやきも……

・「『そろそろデートしたいなぁ』とつぶやいてみる」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「休みの日は暇だと聞こえるようにつぶやく」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「『週末は何しようかなー』とひとり言のようにつぶやいてみる」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

何げなくつぶやいていたら実現した……という声も多数寄せられています。鈍感なカレには黙っていても伝わらないので、さりげなくアピールしてみましょう。口に出したことは、ちゃんと聞いてくれているようですよ。

■ カレの興味をそそる

・「『○○は楽しいんだってー』とか、さりげなく言う」(30歳/ソフトウェア/技術職)
・「『行きたいところがあるけど、ひとりだと行きにくいな』と言う」(27歳/不動産/営業職)

・「彼の趣味に興味を示して『おもしろそ~やってみたーい』などと言うと誘ってもらいやすい」(33歳/医療・福祉/専門職)

「デートに行きたい」と思わせるには、カレの趣味を理解してあげるといいようですね。まずはカレの話をしっかり聞いてあげましょう。そして機嫌が良くなれば、デートに誘ってもらえそうです。カレの行きたがるようなスポットの話をするのもいいかもしれませんね。

■かなり高度なテクニック!?

・「帰るときに、『次いつ会う?』って聞かれたときに『うーん、まだわかんない』と言って別れる」(33歳/金融・証券/専門職)

・「『今日は何しているの?』と聞くと『今日暇? だったら今から会おう』というのがパターン化していた」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「『最近、髪を染めた』とか、ぱっと見でわかるような変化を報告してみる」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

自分の願望を隠したまま、「デートに行けるかどうかわからない……」という素振りを見せればカレだって不安になるはず。「えっ、会えないの? 会いたいのに!」と相手に思わせれば作戦成功! ただし、相手によっては自然消滅するかもしれないので、よく観察しておきましょう。

■誘いやすい言葉を投げかける

・「『次はどこに連れてってくれるか楽しみ』と言う」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「『何か楽しいことないかなぁ』と言う」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「ご飯やスイーツのおいしいところを言って『一度行ってみたい』ようなことを言う」(31歳/生保・損保/事務系専門職)

行きたい場所を具体的に言うのも効果的のようです。カレもどこへ連れて行ったらいいのかイメージしやすいから、より誘いやすくなるのかもしれません。彼女が行きたい場所なら、安心してデートに誘えるのではないでしょうか。

「魔法の言葉」というと特別なキーワードを想像してしまいますが、意外と普通の言葉でカレにお願いしちゃうほうが成功しているようですね。カレの気持ちを考えて、目に見えない工夫をするのがポイントかも。上手におねだりして、次の休日も楽しいデートができるといいですね。

(ゆめみん/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数182件(22~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]