お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 おでかけ全般

予想はしてたけど、欲張りすぎ!? 女子旅のホテル選定で、譲れない条件

宇田川ノリコ

仲のいい女友だちと行く旅行の楽しみのひとつは、宿で過ごす時間ですよね。おいしいものを食べて、温泉に浸かって、部屋では女子トークに花が咲き……。宿選びが旅の満足度を左右すると言ってもいいくらい。そこで働く女性たちに、宿を選ぶときのこだわりについて聞いてみました。

◆女子旅でホテルを決めるとき、譲れない条件はありますか?

約55%、半数をやや超える女性が宿を選ぶときに、譲れないことが「ある」と考えていることがわかりました。宿の清潔感や雰囲気、お風呂やトイレなどの水まわりの設備のほか、アメニティを気にする女性も多いよう。ほかに「予算」をあげる人がたくさんいました。一方で、自分ではこだわらず「人のこだわりに合わせる」という声も。

[回答者数:209(1年目=4.3%、2年目=4.3%、3年目=3.4%、4年目=7.2%、5年目=11.5%、6年目=16.8%、7年目=15.8%、8年目=7.2%、9年目=11.0%、10年目以上=18.6%、その他=0.0%)/『マイナビウーマン』調べ。2015年7月にWebアンケート、22~34歳の働く女性]

Q.そう答えた理由やエピソードがあれば具体的にお答えください。

■客室のほか全体的な居心地にこだわる

・「キレイなホテルじゃないと嫌。若いときはそこまで気にならなかったけど、疲れを癒すのにホテルは重要」(生保・損保/秘書・アシスタント職/11年目)
・「予算と部屋のグレード。変なところに泊まって疲れがとれないなんてことになっても嫌なので」(団体・公益法人・官公庁/技術職/8年目)

■とにかく予算

・「予算。高いのはナシ」(アパレル・繊維/事務系専門職/11年目)
・「女同士なら安いところでいいので、料金の安いところを選ぶ」(食品・飲料/販売職・サービス系/7年目)

■ゲストルームの清潔感

・「部屋に虫が出る旅館やホテルに泊まったことがあり、楽しい気分も台なしなので、古すぎない清潔感のあるホテルがいいです」(運輸・倉庫/秘書・アシスタント職/11年目)
・「部屋のキレイさは譲れない。汚い旅館とかだと安くてもテンションが下がるから」(金融・証券/秘書・アシスタント職/9年目)
・「部屋が清潔で、オシャレかどうか。ガールズトークに多くの時間を費やすので、部屋の居心地のよさは絶対条件!」(建設・土木/事務系専門職/5年目)

■アクセスのよい宿

・「駅の近くがいいです。僻地のホテルに宿泊して、近くにコンビニもスーパーもなく困ったことがあります」(ソフトウェア/事務系専門職/5年目)
・「駅からの距離と清潔さ。疲れて長い距離を歩いて汚いホテルに帰るなんてありえない」(金融・証券/事務系専門職/6年目)

■おいしいものを食べたい!

・「おいしいごはんがコースに入っているか」(医療・福祉/事務系専門職/6年目)
・「快適なホテル。その地の名物、おいしいものを食べること」(食品・飲料/専門職/1年目)

(次ページ)まだまだあった! 女子ならではの譲れない条件とは?

お役立ち情報[PR]