お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

女性に聞き込み! 電車の優先座席に座る? 座らない? ⇒「座る」約4割

ファナティック

電車毎日の通勤だけでなく、遊びに行くときにもお世話になる電車。路線によっては、いつ乗っても座れることなんてない、ということもありますが、時間帯を選べば座れるという電車も少なくありませんよね。では、その空いている座席が「優先席」だったとしたら、あなたはその座席に座りますか? 今回は、電車の優先席位ついての女性たちの考えについて聞いてみました。

Q.電車で優先座席に座ることはありますか? (ケガをしているとき、妊娠しているときなどの場合を除く)

「ある」38.7%
「ない」61.3%

電車で優先席に座ることがあるという女性は4割弱。半数以上の女性は座らないということですが、座るという女性にその理由を聞いてみましょう。

■「座る」ただし、だれかが来たら、譲ります。

・「譲るべきときに譲ればいいと思うから」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「空いていれば座るけど、基本的に寝たりスマホをいじらないようにしている。しかるべき人が来たときに気づけるようにするべき場所だと思うから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「ほかに座る席がなく、移動時間が長いから。必要な人が来たら、そのときに譲れば問題はないから」(28歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「空いていれば別にどこに座ってもかまわない、と思っているので」(29歳/電機/事務系専門職)

・「別に混んでいなければ、座るのは自由だと思う。そういう人が現れたら譲ればいいだけのことだから」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

ほかに優先席を必要としている人がいなさそうな時は、その席を空けておく必要もないので座るという女性は多そう。必要な人が乗車してきたときに譲れば何も問題はないということでしょうか。確かに、まわりがきちんと見えるようにスマホいじりをしたり、居眠りをしないということに気をつけていれば、座っていてもよさそうですもんね。

■立っているほうが、邪魔になる場合も……

・「電車が混んでいて、座ったほうが人がたくさん乗れると判断したので」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「あまりにも空いているとき、立っているほうが迷惑な場合があると思う」(29歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

電車が混んでいるときに、みんなが遠慮してしまって優先席だけが空いている。そんなときには、座ってしまったほうが邪魔にならないので、「座る」という女性も。誰も座らずに席を空けておいて、そのまわりで立っている人が混み合っているというのも、不自然と言えるので、その判断は間違っていないでしょうね。

■疲れているとき

・「疲れすぎて、立つ余裕がないとき」(28歳/情報・IT/営業職)

・「自分も体調が悪かったり、空いていたら座る」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「疲れているとつい座ってしまう」(30歳/医療・福祉/専門職)

仕事からの帰りで疲れていたら優先席に座ってしまうことがある、という女性もいるようです。まわりの人からどういう風に見られるだろう、と気にする気持ちはあるかもしれませんが、通勤時間が長いと座れるのは有難いことだし、疲れているときにはその誘惑には、なかなか勝てないものです。

電車の優先席については、今回「座る」と回答した女性たちの言うように空いていれば誰が座ってもよい席、必要としている人が乗車してきたときに譲るのなら堂々と座っていてもよい席のはずなのですが、優先席に座っているだけでジロジロ見てくる人っていますよね。空いているから座っているだけなのに、何故か悪いことをしているような気にさせられてそれから座らなくなったという人もいるのでは? 優先席に対する考え方のちがいでしょうが、あからさまに非難されるような風潮はちょっと疑問に思いますよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数212件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]