お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

これをどうしろと? 男性に聞いた「彼女からもらって正直困ったプレゼント」一覧

ファナティック

何かプレゼントされるとうれしいですし、大切にしたいですよね。でももし不要なものをもらった場合でも、気持ちをむげにはできません。それが特に彼女からのものなら。男性が、彼女からもらって正直困ってしまったプレゼント一覧を見てみましょう!

■ぬいぐるみや置物

・「男なのにぬいぐるみ。これを一体どうしろと」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「置物系。実家にいたときだったし、どうしようもなかった」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ぬいぐるみ。どうしていいかわからないから」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

飾ってほしくてプレゼントするのでしょうから、姿がないときっと残念に思われますよね。意外と困るものみたいです。

■変わったネクタイ

・「ヒヨコ柄のネクタイ」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「バレンタインの高級ネクタイ。お返しに困った」(32歳/金融・証券/専門職)

・「柄の不気味なネクタイ」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

自分が男性だったら果たして着けるだろうかと思わせるデザインでも、かわいいとつい買ってしまうことも。要注意です。

■手帳などの実用品

・「持っているものとうり二つのカバン」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「手帳。仕事に使うものだし、自分でこだわって選ぶものだと思うから。使わずに一年が過ぎた」(30歳/学校・教育関連/営業職)

・「手帳。使わないから」(27歳/自動車関連/事務系専門職)

実用品はデザインにこだわる人も多いです。使ってもらうためには、一緒に選ぶといいかもしれませんね。

■手芸で作った服

・「イニシャル入りの手編みマフラー。つけるのが恥ずかしい」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「手編みのマフラー、柄が好みではなく困ってしまったから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「手作りセーター。サイズがパツパツで苦しいから」(22歳/情報・IT/技術職)

セミプロでもない限り、手作り感はどうしても出てきますよね。大人の男性にあげるのは控えたほうがいいかも。

■なんともいえない本など

・「ポエム」(33歳/運輸・倉庫/営業職)

・「デートのときの写真集的なやつ」(34歳/通信/事務系専門職)

・「図鑑。魚好きだけど大きかった」(30歳/農林・水産/技術職)

気持ちを共有したいという思いは伝わるのですが、リアクションに困る書籍も。本のプレゼントも難易度が高そうですね。

彼女からもらって正直困ってしまったプレゼント一覧をご紹介しました。いずれもよかれと思って選んだものでしょうから気が引けますが、困るものは困るんですね。何をプレゼントするか迷っている人は、まずこうしたものを避けると無難かもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年3月にWebアンケート。有効回答数106件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]