お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女子的おしゃれ時間

え? なんでわからないの? おしゃれを理解されなくて空回ったエピソード3選

ファナティック

自分では気合いを入れておしゃれをしたつもりなのに、まわりの人から「今日の格好、どうしたの?」とそのおしゃれを理解してもらえなかった経験はないですか? 今回はがんばっておしゃれしたのに、その気合いが空回りしてしまったエピソードについて働く女性に聞きました。

■リゾート帰りじゃないです!

・「夏にピンクや紫などいろんな色が入っているペイズリー柄っぽいマキシワンピースを着ていったら、ハワイの帰りですか? リゾートに行ったみたいだねと言われた。」(29歳/機械・精密機器/その他)

・「はっきりした色(黄色、オレンジ、ピンク)を着たりすると変わってるねと言われる」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「セレクトショップで買った、大きめの柄の水玉模様のワンピースを着ていったら、センスを疑われてしまった」(25歳/その他/その他)

夏らしいと思ってカラフルなマキシワンピースを着て行ったらリゾート帰りのように言われてしまった、大きめの柄のワンピースでセンスを疑われた、など派手な色や柄を理解してもらえなかった経験のある女性は多いようです。ワンピースだと全身がその色や柄に覆われてしまうので余計に存在感を感じさせてしまうのかもしれませんね。

■高かったのに!

・「好きな個性的なブランドの服をよく着ているのだが、たまにファストファッションの服を着たときに『その服いいね』と言われてしまうとき。うれしくない」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「普段買っている服はブランドのそこそこ高い服なのに、まわりからは『そのセンスまったくわからない』と言われる」(27歳/電機/営業職)

自分の好きなブランドの洋服を着ているとそれだけで気分が上がりますが、それを「センスがまったく分からない」と否定されると楽しかった気分も台無しになりそう。値段の高いものだったらなおさらです。

■パジャマじゃない!

・「デニム生地風のワンピースを着たら、夫に作業服っぽいと言われた」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「黒の柔らかい素材のワンピースを着ようとしたら、『部屋着じゃない?』と家族に言われた」(33歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「友達の家にスウェットワンピで行ったらパジャマみたいと言われた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

ゆるっとした服をおしゃれに着こなしたつもりが「パジャマみたい」とか「部屋着?」と言われると、へこみますよね……。

あとから「確かにあのときの自分のファッションは変だったなあ」と思い返すこともありますが、失敗を重ねておしゃれになっていくと思えば、空回りエピソードも笑いに変換してしまうくらいのほうがいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数155件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]