お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

あのころは若かったなあ……(涙) 18歳の自分にアドバイスしたいこと4選

ファナティック

お盆の時期、実家に帰省する人もいることかと思います。学生時代に使っていた駅や道を通ったり、実家の自分の部屋に足を踏み入れると、昔の思い出がよみがえってきますよね。今回は、働く女性に「18歳の自分にアドバイスしたいこと」を聞いてみました。

■恋愛を楽しんで!

・「もっと恋しときー。今になって、どうしたらいいかわからない」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「いっぱいできるうちに恋はしておいたほうがいい。あと、恥ずかしがって本音を言わないのは後悔する」(22歳/農林・水産/営業職)

・「結婚できるから自分を追いつめないで」(29歳/医療・福祉/専門職)

今から思えば「あのころの恋愛は不器用だったな~」と思い出すこともありますよね。

■精進せよ!

・「もっと勉強せよ! 浪人時代は無意味ではなかったが、金銭的にしんどかったのは事実なので」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「もっと仕事に役立つスキルを磨くこと、いっぱい恋愛すること」(32歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「もっと視野を広げていろんな仕事を知ったほうがいい。女性にとって手に職はとっても大切!」(33歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

とにかくがむしゃらにいろいろな経験を積めということでしょうか。そのときは無意味に思っても、あとで必ず役に立つものです。

■友だちを作って!

・「もっと友だちを作ろう」(30歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「やっぱり、一番頼りになるのは友だち。友だちを大事にしなさい」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「人脈は広げたほうがいい。もっと広い心で人と接すること」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

学生時代の友だちは社会人になってできた友だちとはまたちがうものです。

■君のせいで困ってます!

・「日焼けには気をつけて!」(29歳/建設・土木/技術職)

・「ニキビはいじらないようにしなさい」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「英語の勉強しとけ」(32歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

18歳の自分は今よりちょっぴりおバカだったかもしれませんね。日焼けの影響はずいぶんあとに出ますし、スキンケアの面で後悔のある人は多そうです。

真剣なメッセージからちょっとした“苦情”まで、たくさん集まりましたね。ちょっとおバカで悩みも多いけれど憎めない18歳の自分へのアドバイス。考えてみると今の自分にも役に立つ内容があるかもしれませんね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数126件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]