お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

怒り沸騰! 彼やダンナの家族への不満「私に嫉妬する義母」「物が捨てられない家」……

ファナティック

義母彼や結婚相手の家族との付き合い方って、なかなか難しいですよね。今まで相手の家族に不満を感じたことはありませんか? どうしても合わない……と感じたことがある人もいるかもしれません。そこで、彼やダンナさんの両親や家族への不満を、女性のみなさんにズバリ語ってもらいました。

■息子のことが大好きな母親

・「彼のことを好きすぎて、甘やかしすぎて嫌だった」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「息子のことを好きなのが、わかりすぎる態度はやめてほしい」(29歳/不動産/営業職)

・「息子大好きすぎて、私に嫉妬する母親」(24歳/農林・水産/その他)

自分の息子がかわいいのは仕方ありませんが、それにも限度がありますよね? 甘やかしすぎる母親にも困ったものですね。

■干渉しすぎ

・「こうしたほうがいいと、干渉してくる」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「いちいち口出してきてウザかった」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「母親が彼に干渉しすぎて嫌だった」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「ダンナの両親が子離れできていないので、なにかと絡んできてウザい」(28歳/金融・証券/営業職)

自分たちのことにいちいち干渉してくる両親には、やはり「ウザいな……」と思ってしまいますよね。いい大人なんだから、遠くから見守っていてほしいものですね。

■私のことがお嫌いですか?

・「明らかに彼が悪いことでも、私に原因があると言い切った義母」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「元彼の親は、会ったこともない私を遊んでいると勝手に決めつけて、勝手に嫌っていた」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「彼ばかりの言うことを聞いて、私のことは全然気にしてくれない」(33歳/金融・証券/専門職)

しょせん親は、自分の子どものほうがかわいい、ということでしょうか。他人に厳しいのは、仕方ないと思って目をつむるしかないのかも……

■その習慣、受けつけられない……

・「物が捨てられない家」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「健康オタクすぎて、みかんの筋を取っただけでも文句を言われる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「自営業ということもあり、夕食の時間が23時とか、遅すぎること」(28歳/機械・精密機器/技術職)

その家族ならではの決まりごとや習慣があるものですが、あまりにも極端なことには、さすがについていけませんね。

彼や旦那の家族とは、仲よくやっていきたいものですが、なかには到底受け入れられないこともあるのかもしれません。ただ、家族のあり方はそれぞれちがって当然のこと。お互いに譲ったり譲られたりしながら、うまくやっていけるといいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数209件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]