お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

立てる? 甘える? 働く女性は彼氏が年下の場合、お支払いは何割出す?

最近増えている年下彼氏。若くてかわいい彼に甘えられる楽しさもありますが、デートのときはどちらが多く払えばいいのか……なんていう心配も。女性のみなさんは年下彼氏とのデートや食事の際のお金を支払う割合について、どう考えているのでしょうか? いくらまでなら出そうと思えるか、働く女性に調査しました。

Q.彼氏が年下の場合、食事やデートなどのお金をどこまで出そうと思えますか?

第1位 「男性5:女性5」……65.2%
第2位 「男性4:女性6」……9.9%
同率第3位 「男性3:女性7」、「男性6:女性4」……6.8%
第5位 「男性9:女性1」……5.0%
第6位 「男性8:女性2」……3.6%
同率第7位 「男性2:女性8」、「男性7:女性3」……1.4%

約6割以上の女性が「男性5:女性5」と回答してます。年下の彼氏のデートや食事代は、割り勘が基本だと考えているようですね。続いて「男性4:女性6」、同率で「男性3:女性7」、「男性6:女性4」と続きました。では、その回答を選んだ理由とは?

■1位「男性5:女性5」
・「こちらが出すとあまりいい気がしないと思うし、かといって全部出してもらうのも違和感があるので、きっちり割り勘がいい」(27歳/金融・証券/事務系専門職)
・「年下でも社会人として稼いでいる人なら、多めに出してプライドを傷つけたくないので、半々がいい」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「割り勘くらいはしてほしい。たとえ収入の格差があるとはいえ、それに甘えないでほしい」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

年下とはいえ相手の男性の顔を立てたい、という気持ちから“割り勘”が妥当と考えている人が多いようです。また、甘えさせてもいけないという理由から半々を選んだ人もいるようです。

■2位「男性4:女性6」
・「自分のほうが給料が多いので」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「収入がちがうので、そこは大目に出すが、ある程度は出してほしい」(29歳/その他)
・「お金がないなら出してあげないと」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

「男性4:女性6」と、女性側が少し多く払うようにしたい、と考えている人も複数いるようです。「半々だと少し気の毒なので」(26歳/情報・IT/事務系専門職)という意見のように、年下彼氏より自分のほうが給料が高い場合は、少し多く出してあげたいと思うようですね。

■同率3位「男性3:女性7」
・「まだ収入が少ない場合が多いので」(23歳/その他)
・「自分のほうが稼いでいるのなら多く払う」(33歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)
・「気持ち多めに出すのがやっぱり筋なのかなと……」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

年下の彼は自分より収入が少ない場合が多いので、「男性3:女性7」くらいは出してあげたいと考えている女性もいるようです。「それ以上だと、逆に相手に失礼な気がしてくるから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)というように、男性を立てる意味でもこれぐらいの割合が限界と考えている人も多いよう。

■同率3位「男性6:女性4」
・「年下といえども、社会人であればある程度出してもらう」(31歳/生保・損保/事務系専門職)
・「年下でも男なので少しは多めに払ってほしい」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
・「ちょっと男を立てるって意味で、相手に少しだけ多く払ってもらうかな」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

年下彼氏とはいえ、「男性6:女性4」にしてほしいと考えている女性もいました。こちらは出してあげたいとは逆。やっぱり男性には「ちょっとは甘えてみたい」(32歳/建設・土木/技術職)という意見から、男性側に少し多く払ってほしいなと思っているようです。

「年下男性より多く支払うと相手に悪い気がする」と考えている女性が多いことがわかりました。みなさん、やさしいですね。その一方で、男性はどう思っているのか気になります。2人が納得できる割合でお付き合いできるのが、一番ですね。

(エンドウリョウコ)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数245件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]